FASHION TOPS

アディダス / ファイヤーバード ジャージのサイズ感、特徴、評判など。クラシックな立ち襟のストリート定番ジャージ。

アディダス / ファイアーバード

こんな人におすすめ

  • ジャージをカッコよく着たい
  • ストリートファッションが好き
  • 定番ジャージのおすすめは?
トーイ

今回は永遠の定番ジャージ「アディダス / ファイヤーバード」をご紹介します!

こんにちは!管理人のトーイです。誰でも「わかっているけどやってしまう」ことってありますよね?僕は「脚立」を「りっきゃく」となぜか読んでしまいます。すぐに「ちがう、きゃたつだ」と思うんですが、なぜだか直らないですね。

今回は、永遠の定番ジャージ「アディダス / ファイヤーバード」をご紹介します。誰もが一度は目にしたことがある名作アイテムではないでしょうか。

特に「ジャージをカッコよく着たい」「ストリートファッションが好き」「定番ジャージのおすすめは?」という方には、オススメできるアイテムだと思います。

それでは、アディダス / ファイヤーバードのサイズ感、特徴、評判などをご紹介していきましょう!

ブランドについて

ブランド紹介

アディダス

アディダスは1948年にドイツで設立されたスポーツメーカーです。特に、太陽光、気温、風等を再現出来る施設を使用した研究や、オリンピックの競技場と同じトラックを設置したデータの集計を行うなど、多額の研究開発費を用いて新しいスニーカーを作るブランドとして有名です。

そのアイテムの多くはアスリートだけでなく、ミュージシャン、ラッパー、ダンサーやストリートファッションとしても取り入れられ、幅広くのファンを獲得しています。

現在では、スポーツパフォーマンスのために設計・開発された「アディダス スポーツパフォーマンス」、ストリートスポーツウエアブランド「アディダス オリジナルス」、山本耀司をクリエイティブ・ディレクターとして迎えた、スポーツとファッションの融合的ブランド「Y-3」を展開しています。

トーイ

アディダス オリジナルスの印象的な三つ葉のロゴは、トレフォイルロゴと言います。キャプテン翼の若林くんが被ってたやつです(笑)

アディダス / ファイヤーバードってどんなアイテム?

アディダス / ファイヤーバード

出典:Amazon

アディダス / ファイヤーバードは、1980年代に発売されたアディダス不朽の名作といわれているトラックジャケット、いわゆるジャージです。

柔らかくツヤ感のある、やや薄手のトリコット・ジャージ素材、アディダスのアイコンである3ストライプを効かせたクラシカルなデザイン、左胸にレイアウトしたトレフォイルロゴ刺繍が大きな特徴です。

これまでに何度も復刻、バージョンアップを繰り返されてきており、アスリートだけでなく、ミュージシャン、ラッパー、ダンサーやストリートファッションとしても取り入れられ、幅広くのファンを獲得しています。

おすすめポイントや特徴

クラシカルな立ち襟のルックス

アディダス / ファイヤーバード
アディダス / ファイヤーバード

出典:Amazon

アディダス / ファイヤーバードは、大きな特徴としてクラシカルな立ち襟のルックスをしていることが挙げられると思います。ジップアップをすべて上げ切るとハイネックのような印象になり、開けて着ると襟がついた印象になるので、いろいろなスタイリングを楽しむことができます。

艶があり上品な印象

アディダス / ファイヤーバード
アディダス / ファイヤーバード

出典:Amazon

アディダス / ファイヤーバードは、滑らかで光沢のある薄手の生地を使用しているので、ストリート感がありながらも、どことなく上品な印象があります。ボトムを古着で合わせてもシックに決めることができると思います。

多くのファンを獲得している定番

アディダス / ファイヤーバード

出典:Amazon

アディダス / ファイヤーバードは、何度も復刻、バージョンアップを繰り返されてきており、アスリートだけでなく、ミュージシャン、ラッパー、ダンサーやストリートファッションとしても取り入れられ、幅広くのファンを獲得しています。古着の人気も高く、まさに名作定番といえるアイテムです。

トーイ

ジャミロクワイのJKからサチモスのYONCEなど、本当に多くのアーティストに人気です!

デメリットなポイント

アディダス / ファイヤーバードのデメリットなところですが、いくつか気になる部分を挙げてみると

ここがデメリット

  • スタイリングの幅が限定される
  • 素材感がやや薄め
  • 防寒性はあまりない

ということでしょうか。とはいえ、用途をはっきりさせれば、ほとんど気にならないと思います。

製品情報

スペックや価格について

アディダス / ファイヤーバードのスペックや価格の情報です(2022年10月17日現在)。

価格 5,000円~7,000円前後
素材 リサイクルポリエステル100%
生産国 パキスタンなど

注:2022年10月17日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は5,000円~7,000円前後

アディダス / ファイヤーバードの価格は、5,000円~7,000円前後で販売されているようです(2022年10月17日現在情報)。セールになっていたり、色によってはかなり安いものもあるので、お得にゲットすることもできそうです。かなりコスパ高いアイテムだと思います。なお、10,000円台の少しグレードの高いモデル(素材が厚い)もあるようです(2022年10月17日現在情報)。

立ち襟のクラシックなシルエット

アディダス / ファイヤーバードは、立ち襟のクラシックなシルエットになっています。素材感は、やや薄手ですがトレーニングウェアとしてはちょうどいいと思います。アウターとして着るには少し頼りない感じもあるので、シャツ感覚できるのが個人的にはオススメです。

サイズについて

サイズ感について

アディダス / ファイヤーバードのサイズ情報は以下のようになっています(2022年10月17日現在情報)。

サイズ 胸囲 うしろ着丈
XS 102cm 60cm
S 106cm 62cm
M 110cm 64cm
L 114cm 66cm
O 118cm 68cm
XO 122cm 70cm
J2XO 126cm 72cm
J3XO 130cm 74cm
J4XO 134cm 76cm
J5XO 138cm 78cm
J6XO 142cm 80cm

注1:2022年10月17日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

XSからJ6XOまでのラインナップ

アディダス / ファイヤーバードは、XSからJ6XOまでの幅広いラインナップでリリースされています。どのような体系の方でも自分に合ったサイズを見つけることができると思いますよ。

参考: 180cm、68kgでLサイズを選択

僕は180cm、68kgくらいの体型なのですが、Lサイズを選んでいます。僕は中はTシャツのみで少しタイトに着たいので、サイズ感は身幅も丈も、やや小さめのLサイズをチョイスしています。ジャスト〜ゆったりめで着るなら、Oサイズかなと思いますね。

洗濯・手入れ方法など

洗濯、お手入れ方法などについて

通常の洗濯はOK、乾燥機はNG

アディダス / ファイヤーバードは、通常の洗濯はOK、乾燥機は基本的にはNGです。乾燥機にかけてしまうと、素材がポリエステル100%なので生地が痛む可能性があります。

洗濯による縮みはなし

アディダス / ファイヤーバードは、ポリエステル100%なので洗濯による縮みはありません。ただし、洗濯を繰り返していると毛玉になりやすいので、ネットなどにいれて洗濯すると長持ちしますよ。

使ってみた感想

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

アディダス / ファイヤーバードは、20代の頃に「ブリットポップ」ブームに乗っかって(苦笑)購入しました。ブラーやトレインスポッティングが流行っていた頃ですね。当時はファイヤーバードとか、まったく意識せずに着ていた気がします(もしかしたら着ていたのはベッケンバウアーだったかも。。)

使用してみた感想、評判

使用感は良くも悪くも普通のジャージだと思います。ですが、僕にとっては「立ち襟のジャージ」といえば、コレ!という感じで他に選択肢はないです(笑)。シンプルなジャージなので大事なのはサイズ感とスタイリングですね。

スタイリングについて

僕は、やや丈短めで中は白Tで合わせています。ジャージの色は黒です。いわゆる「YONCEスタイル」ですね(彼が着ているのはたぶんスーパースターですが)。ボトムはもっぱら501やリゾルトなどのジーンズかグラミチですね。

トーイ

ラッパーのようにセットアップで着るのもかっこいいと思いますが、僕にはハードル高いです(苦笑)

購入時のチェックポイント

アディダス / ファイヤーバードを購入する時には、以下のポイントをチェックするといいと思います。

ここをチェック!

  • したいスタイリングをはっきりさせる
  • 防寒性には期待しない
  • 長持ちするものではないと割り切る

といったところでしょうか。よくも悪くも個性的なアイテムなので、自分のしたいスタイリングをはっきりさせてから、購入するといいと思います。また、基本ジャージなので使い倒してナンボ、あまり耐久性や防寒性には期待しないで、ガンガン使いましょう。

記事のまとめ

アディダス / ファイヤーバードについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • XSからJ6XOまでのラインナップ
  • クラシカルな立ち襟のルックス
  • 艶があり上品な印象
  • 多くのファンを獲得している定番

ということでしょうか。アディダス / ファイヤーバードは、いろんな人が自由なスタイリングをしてきた、ストリートファッションのアイコンのようなアイテムです。歳を重ねてもずっと愛用していきたい名作だと思います。まだ着たことがないよー、という方はぜひチャレンジしてみてください!

トーイ

この間、ある雑誌でヨレヨレのファイアーバードを着たおじいさんを見ました。めちゃくちゃカッコ良かったです。

-FASHION, TOPS
-