チャンピオン / Tシャツ(T1011)のサイズ感、使用感などレビュー。使い込んでものびないヘビーウェイトTシャツ。
TOPS
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

チャンピオン / Tシャツ(T1011)のサイズ感、使用感などレビュー。使い込んでものびないヘビーウェイトTシャツ。

更新日 : 2021年06月07日


Champion / T-shirt T1011
チャンピオン / Tシャツ(T1011)
アメカジファンは外せない、使い込むほど味が出る、ヘビーウェイトTシャツの代名詞的アイテム。

チャンピオン / Tシャツ(T1011)
出典:Amazon
 
 

こんな人におすすめです!

おすすめの厚手のTシャツは?
透けないTシャツが欲しい
アメカジスタイルに似合うTシャツは?
自分だけのTシャツを育てたい!

 


トーイ

今回は、ヘビーウェイトTシャツの代名詞的アイテム「チャンピオン / Tシャツ(T1011)」をご紹介します!

 
こんにちは!管理人のトーイです。ついつい買ってしまうものの一つに「ギターピック」があります。ギタリストあるあるだと思いますが、使わなくても変わったものがあると、つい買ってしまいますね~。
 
今回は、ヘビーウェイトTシャツの代名詞的アイテム「チャンピオン / Tシャツ(T1011)」をご紹介します!着れば着るほど味わいが増す、育てがいのあるTシャツです。
 
特に「おすすめの厚手のTシャツは?」「透けないTシャツが欲しい」「アメカジスタイルに似合うTシャツは?」「自分だけのTシャツを育てたい!」という方にはオススメできるアイテムだと思います!
 
それでは、「チャンピオン / Tシャツ(T1011)」のあれこれをご紹介していきましょう!
 
 
 

 


 
 
“ブランド紹介”
 

チャンピオン

チャンピオンは、は1919年にサイモン・フェインブルーム氏によって、ニューヨーク州ロチェスターで設立されたブランドです。
 
もともとはセーターの販売を中心にしていましたが、のちにスウェットシャツの原型となる労働者用の防寒下着を販売、更にチャンピオンの代名詞ともいえるウェットシャツを開発します。
 
1924年にミシガン大学が運動競技用の服として、高品質で低価格なチャンピオンのスウェットシャツに注目し採用すると、それをキッカケにして爆発的に全米へと広まっていきました。
 
非常に優れた機能と耐久性を誇る「スウェットシャツ」は、スポーツウェアとしてだけではなく、大学生アスリートやアメリカの若者を中心にカジュアルウェアとしての地位を確立しました。
 
日本でも、アイビー、アメカジファッションには欠かせないアイテムとして、多くの人たちに愛されています。

 

一言コメント
トーイ

チャンピオンのカレッジスウェットは、アメリカ青春映画の中で本当によく出てきますよね。憧れたなー。

 



 
 
おすすめポイント
 

チャンピオン / Tシャツ(T1011)ってどんなアイテム?

チャンピオン / Tシャツ(T1011)
出典:Amazon
 
チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、1930年代頃から改良を重ねながらも愛され続ける、ブランドを代表するヘビーウェイトTシャツです。使用されているヘビーウエイトの生地は、USAコットンが使われており、独特のドライ感のある肌触りと、着こむほどに味のある風合いを生み出しています。
 
縫製はサイドに縫製部分がない丸胴仕様になっていて、ちくちくとした肌触りもなく快適に着ることができます。また、ガーメントウォッシュ加工で洗いをかけてあるので、古着感のある仕上がりと、アスリートブランドらしい強度の高いバインダーネック仕様も大きな特長です。
 


 
 

製品の特徴やおすすめポイント

ブランドを代表するヘビーウェイトTシャツ

チャンピオン / Tシャツ(T1011)
出典:Amazon
 
チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、ブランドを代表するヘビーウェイトTシャツです。7oz程度の厚めのTシャツというのが大きな特徴です。肌触りもドライで一枚で着ても肌が透けることはありません。
 
 

こだわりのメイドインUSA

チャンピオン / Tシャツ(T1011)
出典:Amazon
 
チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、素材のコットン、縫製までメイドインUSAにこだわり作られています。そのため、質感があり独特の「アメリカ感」がありますね。シルエットはボックスシルエットで、かつ丸胴仕様になっています。こういった点もアメカジファンにはたまらないですね。
 
 

質感のある仕上がり

チャンピオン / Tシャツ(T1011)
出典:Amazon
 
チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、古着感を出したような、ガーメントウォッシュ加工をされているのも特徴の一つです。つまり、使い込むほどに味が出てくるTシャツです。左腕についている刺繍ワッペンもしっかりしていて、愛着が湧くポイントで、「モノ」としてしっかりしたアイテムだと思います。
 

一言コメント
トーイ

ラインナップには「ポケットT」もあります。最近はもっぱらこちらを着ていますね。


 
 
製品情報
 

スペックや価格について

チャンピオン / Tシャツ(T1011)のスペックや価格の情報です(2021年6月7日現在)。
 

価格 3,500円~5,000円前後
素材 12s/1 天竺(USAコットン100% ※オックスフォードグレーのみコットン90% レーヨン10%)
生地の厚さ 厚手Tシャツ(7oz程度)
生産国 アメリカ(Made in U.S.A.)
注:2021年6月7日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

 

価格は3,500円~5,000円前後

チャンピオン / Tシャツ(T1011)の価格は、3,500円~5,000円円前後で販売されているようです(2021年6月7日現在情報)。ヘビーオンスのTシャツとしては安めの価格帯かなと思います。かなり丈夫でへたりにくいですし、コスパは高いと思います。販売店舗によってセールなどを行っていたり、販売価格は幅がある印象ですね。
 

7oz程度の厚めのTシャツ

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、7oz程度の厚めのTシャツというのが大きな特徴です。肌触りもドライで一枚で着ても肌が透けることはありません。また、古着感を出したような、ガーメントウォッシュ加工をされているのも特徴の一つで、また、糸から縫製までアメリカ製に拘っていて、左腕についている刺繍ワッペンも、アメカジ、古着ファンにはたまりません。
 
サイズ情報
 

サイズについて

チャンピオン / Tシャツ(T1011)のサイズ情報は以下のようになっています(2021年6月7日現在)。
 

身丈 身幅 肩幅 裾幅
S 63.5cm 48cm 43cm 19.5cm
M 67cm 53cm 48cm 21cm
L 70cm 58cm 53cm 22cm
XL 72cm 63.5cm 58cm 23.5cm
注1:2021年6月7日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

ボックスシルエットでやや大きめのサイズ感

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、ボックスシルエットで、やや大きめのサイズ感になっていると思います。身幅がやや広くなっている印象で、首回りのリブもしっかりと作られているのが特徴的ですね。
 

参考: 180cm、66kgでMかLサイズを選択

僕は180cm、66kgくらいの痩せ型体型なのですが、ジャストで着るときはMサイズ、ルーズに着るときはLサイズを選んでいます。Mだと首回り、身幅がしっかりフィットする感じで、Lだと首回りは少し広めになり、リラックスした印象になります。最近はLサイズを、一枚で着ていますね。
 



 
 
洗濯・手入れ方法
 

洗濯、お手入れ方法などについて

自宅の洗濯OK、乾燥機は基本NG

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、自宅の洗濯OK、乾燥機は基本NGです。とはいえ、僕はガシガシ乾燥機かけてしまっていますが。。当然、縮みは出てしまうので乾燥機をかけたい人は、その点も考慮して自己責任で行ってください(苦笑)。
 

洗濯による縮みはほぼなし

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、ガーメントウォッシュ加工で洗いをかけられていることもあり、通常どおり洗濯するのであれば、ほとんど縮まないと思います。また逆に首回りの伸びなども、ほとんど出てこないと思います。非常にタフでヘビーデューティで、洗濯すればするほど自分の体型にあった、育てがいのあるTシャツだと思います。
 
 
実際に使ってみた感想
 

使用した感想やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、古着で20代のころに購入したのは最初だと思います。特に意識して購入したわけではないのですが、それからずっと新品や古着を購入して着ていますね。
 

使用してみた感想

チャンピオン / Tシャツ(T1011)は、糸から縫製までアメリカ製に拘っているというのが特徴で、それだけに良くも悪くも個体差がある印象です。これは仕方ないですね。また、首回りのリブや作りも特徴的で、スウェットのようにしっかりとしたリブ、やや横に広いシルエットです。これは使い込んでいくといい味になっていきますね。とても好きなポイントです。
 
あとチャンピオン / Tシャツ(T1011)は、「ポケットT」もラインナップされているのですが、ポケットが少し小さいデザインになっています。ころんと丸みを帯びた小さいポケットなのですが、好みが別れるポイントだと思うので、購入される際はよくチェックしてみてください。

スタイリングについて

僕はオーバーサイズを一枚で着ることがほとんどです。ボトムはカジュアルなものなら何でもOKだと思います。僕は夏はグラミチGショーツで合わせることが圧倒的に多くなりますね。
 

一言コメント
トーイ

僕はTシャツのサイズで迷ったら大きめを買うことにしています。乾燥機で何とかできることも多いし、40代になってジャストサイズが似合わなくなってきたというのも大きいです(泣)

 
 

記事のまとめ

チャンピオン / Tシャツ(T1011)について、特徴やおすすめポイントなどをまとめてみると
 

ブランドを代表するヘビーウェイトTシャツ
こだわりのメイドインUSA
質感のある仕上がり
ポケットTもおすすめ

 
ということでしょうか。チャンピオン / Tシャツ(T1011)、通称ティーテンイレブンは、根強いファンもたくさんいる定番かつ永遠のロングセラーアイテムだと思います。「Tシャツを育ててみたい」「愛着あるTシャツが欲しい」という方には是非オススメです!
 
 

一言コメント
トーイ

使い込んだT1011がたくさんクローゼットにある風景は、自分の子供のようで愛おしくなると思いますよー。