AUTUMN FASHION TOPS WINTER 人気アイテム

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットのサイズ感、使用感などレビュー! リラックスしたシルエットがモダンなニット。

バトナー / シグネチャー クルーネック ニット
バトナー / シグネチャー クルーネック ニット

出典:Amazon

こんな人におすすめ

  • 今っぽいシルエットのニットは?
  • 大人っぽいシックなニットが欲しい
  • ジャパンメイドのニットを探している
  • 長く使えて質の良いニットは?

トーイ

今回はリラックスしたシルエットが今っぽい「バトナー / シグネチャー クルーネック ニット」をご紹介します!

こんにちは!管理人のトーイです。うちには使っていないアラジンのストーブがあるんですが、今後使うこともないので、内部にLEDライトを仕込んで部屋の飾りになっています。ぱっと見ストーブがついている感じで和みます(笑)

今回は、リラックスしたシルエットが現代的な「バトナー / シグネチャー クルーネック ニット」をご紹介したいと思います。昨年末に購入したばかりなのですが、「新しい定番」といってもいいくらいの品質の高さ、デザインのクオリティ、現代的なルックスと、個人的にとても気に入っているアイテムです。

もし「今っぽいモダンなシルエットのニットが欲しい」「大人っぽいシックなニットを探している」という方や「ジャパンメイドのニットが欲しい」「品質とデザイン性の高いニットを教えて欲しい」という方には、特にオススメしたいアイテムです。

それでは、バトナー / シグネチャー クルーネック ニットのあれこれをご紹介していきましょう!

ブランドについて

ブランド紹介

バトナー

バトナーは、2013年に山形県のニットファクトリー「奥山メリヤス」のファクトリーブランドとして設立されました。それまで数多くのメゾンブランドやアパレルメーカーの製品を、請負い生産してきた高い技術力をもって、ハイクオリティの製品をリリースしています。

その生産工程は、原料から製品リリースに至るまで、緻密な連携で行われているため、高い品質の製品を作り出すことを可能にしています。日本伝統の高いニット技術と、新しいものを受け入れる柔軟さで、長く使えて受け継がれていくアイテムを作り続けています。

トーイ

山形県はニット製品の産地ですよね。信頼のおけるファクトリーブランドだと思います。

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットってどんなアイテム?

バトナー / シグネチャー クルーネック ニット

出典:Amazon

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、その名の通りブランドを代表するニットアイテムです。バトナーを象徴すると言っていい、首元から脇の下にかけてのAラインの編み柄が特徴的なニットです。

仕立てはとてもきれいなあぜ目編みになっていて、編み目もしっかりと詰まっていて保温性も高くなっています。ウール製品特有のチクチク感も少なく、また非常に柔らかい着心地と伸縮性なので、快適に着こなすことができます。

サイズ感は、着丈、袖丈ともにやや大きめのリラックスフィットになっていて、現代的でモダンなシルエットになっていることも大きな特徴ですね。

おすすめポイントや特徴

特徴的なAラインの編み柄

バトナー / シグネチャー クルーネック ニット

出典:Amazon

なんといってもいちばんの特徴は、首元から脇の下にかけてのAラインの編み柄のデザインだと思いますね。この特徴的な編み目は後ろにも入っていて、ラグランスリーブのような雰囲気にもなっています。

なので、ゆったりとしたシルエットに仕上がっていて、またサイズ感もやや大きめのリラックスフィットになっています。シンプルなデザインでありながら、とても現代的なルックスのニットだと思います。

厳選された素材と品質

バトナー / シグネチャー クルーネック ニット

出典:Amazon

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、最高品質のスーパーファインメリノウールにバトナー独自の加工をしているニットアイテムです。その質感はしっとりしていつつも柔らかいのが特徴で、とても肌触りがよくて、チクチク感も少なく、ストレスなく着用することができます。

また、毛玉ができにくくするように、毛羽立ちを抑えるために製品加工しているそうで、長く使うこともできます。

ファクトリー拘りの仕上げ

バトナー / シグネチャー クルーネック ニット

出典:Amazon

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、ニットファクトリーならではのこだわりの仕上げになっています。ニット製品は、素材の特殊さもあり、一概に機械のみで仕上げられると言ったものではなく、職人の知識や経験がものをいうアイテムでもあります。

バトナーの製品はニットファクトリーとして、多くの職人が経験と技術を生かしてクオリティの高い製品を作り出しています。その仕上げの丁寧さや、着心地感はバトナーならではの、細かいところまで神経を行き渡らせた、最高の仕上がりになっています。

トーイ

オーバーサイズで着ても可愛いので、女性も着ることができると思います。シェアして使っても全然アリだと思います。

製品情報

スペックや価格について

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットのスペックや価格の情報です(2022年10月8日現在)。

価格 24,000円前後
素材 ウール100%
生産国 日本

注:2022年10月8日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は24,000円前後

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットの価格は、24,000円前後で販売されているようです(2022年10月8日)。日本製のファクトリーブランドというだけあって、高いニットのクオリティで、このコストパフォーマンスは非常に高いと思います。

高いニット技術と最高の質感

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、ファクトリーブランドの高いニット編み技術をふんだんに生かした、最高品質のアイテムだと思います。質感は網目がしっかり詰まっているのですが、着心地はやわらかく、アウターとしてもインナーとしても使える、優れたニットですね。

サイズについて

サイズ感について

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットのサイズ情報は以下のようになっています(2022年10月8日現在)。

サイズ 着丈 身幅 袖丈
1(S) 64cm 52cm 70cm
2(M) 67cm 55cm 72cm
3(L) 70cm 58cm 74cm

注1:2022年10月8日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。
注3:ニット製品は伸縮性があり、個体差やサイズ誤差が出やすいことをご了承ください。

ゆったりとした大きめのサイズ感

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、少しゆったりとしたやや大きめシルエット、サイズ感でリラックスした雰囲気になっています。サイズ表記どおりで試着すると大きめのシルエットになると思います。

個人的には、それがこのニットの特徴だと思いますが、オーバーサイズが苦手な方は、ワンサイズ下げるほうがいいかもしれませんね。また、ニット製品のサイズは個体差も大きいので、購入前には試着をオススメします。

参考: 180cm、67kgでサイズ3を選択

僕は180cm、67kgくらいの体型なのですが、サイズ3を選んでいます。シルエットは大きめで袖にクッションがつくようなルックスになります。ゆったりとリラックスした雰囲気を狙いたいので、自分的には問題なしですが、サイズ2でも問題なく着ることはできると思います。

洗濯・手入れ方法など

洗濯、お手入れ方法などについて

自宅での洗濯、乾燥機はともにNG

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、自宅での洗濯と乾燥機の使用はどちらも行えません。お洒落着用洗剤など使用しての洗濯も、やめたほうがいいと思います。シーズンオフや汚れなどが気になったら、ドライクリーニングに出してしまいましょう。

使ってみた感想

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、昨年購入して愛用しています。購入した経緯は少しオーバーサイズのニットが欲しくなって、いろいろ探しているうちに見つけました。アウターとして使用しても存在感があるので、とても重宝しています。

使用してみた感想、評判

思った以上に存在感がありますね。僕はブラウンを選んだのですが、明るめのカラーだとより大きく見えそうですね。また、羽織るとすごく大人っぽい印象になりますね。カジュアルにあわせるよりも、きれい目にスタイリングすると、落ち着いたシックな雰囲気になりますよ。

スタイリングについて

質感がしっかりしていて、ボリュームもあるので、シンプルにコーディネートするのがいいと思っています。ボトムは黒いパンツやチノパンで合わせて、トリッカーズのバートンなどの革靴が定番です。ステットソンのハットを合わせることも多いですね。

トーイ

ボトムも少しゆったりめで統一すると今っぽい雰囲気になりますね。いろいろチャレンジしてみてくださいー。

記事のまとめ

バトナー / シグネチャー クルーネック ニットについて、特徴やおすすめポイントなどをまとめてみると

ここがポイント!

  • 少しゆったりとしたやや大きめシルエット
  • 特徴的なAラインの編み柄
  • 厳選された素材と品質
  • ファクトリー拘りの仕上げ

ということでしょうか。バトナー / シグネチャー クルーネック ニットは、伝統的な技術の高さと現代的な感性が合わさって生まれた、新しい定番といってもいいアイテムだと個人的には思います。まさにジャパンメイドの心意気を感じる名作だと思います。気になる方は、ぜひワードローブに加えてみてください。

トーイ

カラーバリエーションも豊富で、毎年少しずつバージョンアップしているのも、とても頼もしいですね。

-AUTUMN, FASHION, TOPS, WINTER, 人気アイテム
-,