パラブーツ / ミカエルのサイズ感、使用感などレビュー。丈夫で雨にも強く、履きやすくてカジュアルに使える定番の革靴。 – Day+Light / 自分らしいファッションやカルチャーを紹介するライフスタイル・ブログ
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

パラブーツ / ミカエルのサイズ感、使用感などレビュー。丈夫で雨にも強く、履きやすくてカジュアルに使える定番の革靴。

更新日 : 2023年12月16日 
※この記事は広告を含んています
パラブーツ / ミカエル


Paraboot / MICHAEL
今でもMade in Franceを貫く、ブランドアイコンといえるエントリーモデル。

こんな人におすすめ

  • 雨の日でも気にせず履ける革靴が欲しい
  • カジュアルなスタイルに革靴を合わせたい
  • 履きこむほどに味が出る革靴は?
[st-kaiwa1]

今回は、雨の日でもガシガシ履ける定番レザーシューズ「パラブーツ / ミカエル」をご紹介します!

[/st-kaiwa1]

こんにちは!管理人のトーイです。

今回は、雨の日でもガシガシ履ける定番レザーシューズ「パラブーツ / ミカエル」をご紹介します!

特に『雨の日でも気にせず履ける革靴が欲しい』『カジュアルなスタイルに革靴を合わせたい』『履きこむほどに味が出る革靴は?』という方にオススメできるアイテムだと思います。

それでは、パラブーツ / ミカエルのあれこれをご紹介していきましょう!ぜひ楽しんで参考にしてみてくださいね!

[st_toc]

ブランド紹介

見出しテキスト

『パラブーツ』は、フランスを代表するシューズブランド靴職人のレミー・リシャールポンヴェール氏によって1927年に創業されました。

それまでパリの上級顧客などに向けて靴づくりを行っていましたが、1945年には代表的な「ミカエル」を発表し、またその他仕方技術が生かされたモノ作りは、現代までしっかりと受け継がれています。

また、パラブーツの代名詞ともいえるのが、ノルウェイジャンウェルト製法やグッドイヤーウェルト製法など伝統的な手作の継承していることです。

もうひとつ、『パラブーツ』は世界で唯一、自社でラバーソールを製造しているブランドとしても有名です。創業以来、Made in Franceを貫いており、その確かな靴づくりの姿勢を信頼しているファンが世界中にたくさんいます。

パラブーツ / ミカエルってどんなアイテム?

パラブーツ / ミカエル

出典:Amazon

パラブーツ / ミカエルは、Made in Franceを貫く100年以上の歴史を持つ『パラブーツ』が、1945年に原料不足の中でも職人や技術者に向けて、丈夫かつ履き心地に優れた靴として誕生させたのがミカエルです。

象徴的なラバーソールやグッドイヤー製法とノルヴェイジャン製法を取り入れたブランドアイコンといえるモデルで、今日でも同じパラブーツの「シャンボード」と人気を二分しています。

[st-kaiwa1]

とても履きやすく、かつどのようなスタイルにも合わせやすいのでファンがとても多いです。そのため、被る率も高いのですが(苦笑)不思議と履く人の個性やこだわりが出るのも面白いです。

[/st-kaiwa1]

おすすめポイントや特徴

ヘビーデューティーの代名詞、ノルウェイジャンウェルト製法

パラブーツ / ミカエル

出典:Amazon

パラブーツ / ミカエルは、パラブーツが登山靴や軍靴を作製するシューメイカーだった事もあって、防水性と堅牢性、更にはメンテナンス性に優れた【ノルウェイジャンウェルト製法】を採用しています。

ノルウェイジャンウェルト製法は靴の上部にあたるアッパーを、ソールとアウトソール(本底)に結合する製法で、全て手縫いで制作されています。

そのため無骨な印象になっていますが、不思議とタウンユースでも違和感がなく、カジュアルに少しの雨の日でも山道でも問題なく履くことができます。

エルメスも認めた実力とデザイン

パラブーツ / ミカエル

出典:Amazon

パラブーツを紹介する上で外すことができない話として『パラブーツはエルメスの革靴製品のOEMをしていた』という逸話があります。特にミカエルはエルメスに供給していた製品だったそうです。

上質な靴作りに定評のあったパラブーツに、エルメスから『エスキモーが履く様なアザラシ革を用いたブーツを洗練したデザインで制作して欲しい』というオファーがあったのが発端だそうです。

フランスのハイブランドからも認められるほど、製品の質は折り紙付きです。

ソールを自社生産する唯一のシューメイカー

パラブーツ / ミカエル

出典:Amazon

パラブーツ / ミカエルの最大の特徴として、自社製造のラバーソールを一貫して採用していることが挙げられます。

ラバーソールを採用するシューメーカーはダイナイトソールがついたトリッカーズなど様々なブランドがありますが、ラバーソールまで自社製造するシューメイカーは世界中でパラブーツだけです。

[st-kaiwa1]

ミカエルは肉厚ながらも足馴染みのいいスムースレザーはタフさと上品さを両立でき、履きこむことでの経年変化も楽しめます。

[/st-kaiwa1]

スペックや価格について

スペックや価格について

パラブーツ / ミカエルのスペックや価格の情報です(2023年12月16日現在)。

価格60,000円〜76,000円前後
素材レザー
生産国Made in FRANCE

注:2023年12月16日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は60,000円〜76,000円前後

パラブーツ / ミカエルの価格は、60,000円〜76,000円前後で販売されているようです(2023年12月16日現在情報)。並行輸入品も多く販売されているので、賢く買い物したいですね。

しっとりとした柔らかな質感のオイルレザー

パラブーツ / ミカエルは、ノルウィージャン製法で防水性と耐久性が高く、雪や雨などあらゆる場面で愛用できるモデルです。

アッパーはしっとりとした柔らかな質感のオイルレザーを採用しているので、足馴染みもよくて痛くなりにくいですよ。

[st-kaiwa1]

パラブーツ / ミカエルはユーズドで探すのもアリなアイテムだと思いますね。探せば状態のいいものも意外とありますよー。

[/st-kaiwa1]

古着で欲しい服をチェック!

セカンドストリート

セカンドストリートは全国750店舗以上の実店舗と、オンラインストアにおいて中古品買取と販売を行う総合リユースショップです。洋服(古着)・バッグ、靴などを中心にハイブランド品まで幅広く取り扱っています。状態の良いものが多いので、掘り出し物があるかもしれませんよ!

サイズ感について

サイズ感について

ぽってりとしたシルエットのレザーシューズ

パラブーツ / ミカエルは、ぽってりとしたシルエットのレザーシューズになっています。一般的なレザーシューズよりもつま先周りに余裕があり、痛くなりにくいと思います。また、一般的な糸よりも太い糸で行われるモカシン縫いを中心としたステッチワークが魅力的ですね。

使用した感想、評判やスタイリングについて

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

パラブーツ / ミカエルは、20代の頃に一度購入して、色違いで何回か購入しています。お手入れにあまり気を使わなくてもいいところが気に入っていますね。

使用してみた感想、評判

パラブーツ / ミカエルは、カジュアルなスタイリングにぴったりだと思います。短パンにあわせても意外といけます。アイデア次第で色々な使い方ができるのも気に入っていますね。

スタイリングについて

僕はどちらかというとチノパンよりも、リゾルトなどのデニムに合わせることが多いですね。トップスは、シャツでもカットソーでもスウェットでも、どのようなアイテムにも合わせやすいと思いますよ。

[st-kaiwa1]

もちろんチノパンにもばっちり合わせやすいと思うので、ぜひ色々試してみてくださいね!

[/st-kaiwa1]

記事のまとめ

パラブーツ / ミカエル

パラブーツ / ミカエルについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • カジュアルに革靴を使いたい
  • 革靴のお手入れは苦手でガシガシ履きたい
  • 雨の日にも強い革靴が欲しい

ということでしょうか。

パラブーツ / ミカエルは、足にも馴染みやすく、スタイリングもしやすく、お手入れも簡単、雨の日にも強いといいことづくめの一足です。最もベーシックな1足なので、是非ワードローブに加えたいレザーシューズです。

最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!

[st-kaiwa1]

ミカエルはいろんなバリエーションで展開もしているので、コーディネイトにあわせて、いろいろ揃えたくなりますね。

[/st-kaiwa1]