グラミチ / グラミチ パンツの特徴やサイズ感、評判などレビュー。コスパ高く街でも使えるアウトドアやフェス定番パンツ。 – Day+Light / 自分らしいファッションやカルチャーを紹介するライフスタイル・ブログ
BOTTOMS
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

グラミチ / グラミチ パンツの特徴やサイズ感、評判などレビュー。コスパ高く街でも使えるアウトドアやフェス定番パンツ。

更新日 : 2024年05月20日 
※この記事は広告を含んています
グラミチ / グラミチ パンツ


GRAMICCI / GRAMICCI PANTS
野外フェスやアウトドアだけでなく、街でもしっかり映えるコスパ高い機能的なアイテム。

グラミチ / グラミチ パンツ
出典:Amazon
 
 

こんな人におすすめです!

リラックスしたスタイルが好き
野外フェスなどで映えるパンツは?
普通にチノパンは抵抗がある
コスパ高いパンツを探している

 

管理人トーイ
トーイ

使用歴10年の僕が、ユーザ目線で「グラミチ / グラミチ パンツ」の魅力や使用感、サイズや購入時のチェックポイントなどをレビューしてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

 
こんにちは!管理人のトーイです。
 
最近、急に「魚を捌けるようになりたい!」と思って色々調べたり動画を見たりしています。見ていると簡単そうなのですが、なかなか手が出せずにいます(苦笑)。
 
今回は、今回は個人的に野外フェスの定番アイテム「グラミチ / グラミチ パンツ」をご紹介します。アウトドアだけで使うのはもったいないくらい機能的なパンツなので、旅や街でのスタイリングもオススメです。
 
特に「野外フェスやアウトドアで映えるパンツが欲しい」「チノパンはおじさんぽくて抵抗がある」「リラックスしたスタイルが好き」という方には、オススメできるアイテムだと思いますよ。
 
それでは、「グラミチ / グラミチ パンツ」のあれこれをご紹介していきましょう!参考にしてもらえたらうれしいです!
 
 


 

グラミチについて


 

グラミチの歴史

『グラミチ』は1982年にアメリカ・カリフォルニア州中部に位置するロッククライマーの聖地であるヨセミテで、ロッククライマーでもあったマイク・グラハム氏によってアウトドアブランドとして設立されました。
 
当時のクライミングウェアにはなかった、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や、片手で調整できる「ウェビングベルト」など画期的なディテールを開発し、『GRAMICCI』のクライミングパンツは生まれました。現在では、その代表アイテムであるショーツは、今やクライミング用ウェアの枠を超え、カジュアルシーンにおいても欠かせない存在となっています。
 
 

グラミチ / グラミチ パンツってどんなアイテム?

グラミチ / グラミチ パンツ
出典:Amazon
 

グラミチの定番のクライミングパンツ

グラミチ / グラミチ パンツは、激しい動きにも耐える頑丈なツイル素材を使用した、長年愛され続けるグラミチの定番のクライミングパンツです。グラミチのアイテムの大きな特徴でもある、片手で調整できるウエビングベルトや、180度開脚できるガセットクロッチが装備されています。
 
また、ヒップ周りにゆとりを持たせたシルエットや、フロントもジップ使用の前開き、バックポケットを2つにしたりなど、街でも使いやすいようにアップデートされているのが特徴です。シルエットや素材の種類も豊富で、今回ご紹介する定番の「グラミチ パンツ」以外にも「NNタイプ」「ルーズテーパード」など多くのラインナップがあるのも嬉しいですね。
 

スペックや価格について

価格 10,000円~13,000円前後
素材 100% COTTON
生産国 中国製
注1:2024年5月20日までに確認した情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

管理人トーイ
トーイ

クライミングウェアとしての確かな実績があるからこそ、カジュアルシーンでも受け入れられているのは納得です。

 
 

おすすめポイントや特徴

優れた機能性と動きやすさ

グラミチ / グラミチ パンツ
出典:Amazon
 
グラミチ / グラミチ パンツの代表的な特徴の一つとして、クライミングウェアをしても使えるほどの優れた機能性があると思います。特に、180度の自然な開脚を実現した股下部分のガゼットクロッチは、自然で無理のない脚運びが可能で、とても履き心地が楽です。
 
また、片手で自在にウェストサイズを調整できるウェビングベルトもガゼットクロッチと並ぶ特長的なポイントですね。
 

街でも使えるアップデート仕様

グラミチ / グラミチ パンツ
出典:Amazon
 
グラミチ / グラミチ パンツは、従来のクライミングパンツの仕様から街でも使えるようにアップデートされています。大きな変化は、前開き仕様/になっていること、左右にバックポケットがついていることでしょうか。これは嬉しいですよね。オーソドックスな定番カラーからビビッドな色使いのものまで、バリエーションが非常に多彩なのもうれしいです。
 

スタイル幅広くコスパ高し

グラミチ / グラミチ パンツは、いろんなシーンでも使えるシンプルで完成されたデザインも大きな魅力です。多種多様なコーデに馴染むので、1本持っておくと、着こなしの幅が大きく広がります。コスパも非常に高くて、アウトドアや夏フェスなどのアクティブな場面はもちろんのこと、タウンユースで使うのも全く問題ありませんね。
 

管理人トーイ
トーイ

グラミチ パンツは、ヒップ周りに余裕があるのが特徴的ですね。ゆったりとしたシルエットが好きな方はハマると思いますよー。

 
 

サイズについて

サイズについて
 
グラミチ / グラミチ パンツは、グラミチの定番アイテムということもあって、多くのバリエーションがあるのですが、ここでは定番のシルエットである「グラミチ パンツ」のサイズ情報をご紹介します(2024年5月20日現在)。
 

サイズ ウエスト ヒップ 総丈 股下 ワタリ 裾幅
S 64-74cm 101cm 102.5cm 78cm 33.3cm 20cm
M 70-80cm 107cm 103.5cm 78cm 34.8cm 20cm
L 76-86cm 113cm 104.5cm 78cm 36.3cm 21cm
XL 82-92cm 119cm 105.5cm 78cm 37.8cm 22cm
注1:2024年5月20日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

ヒップ周りにゆとりがあるシルエット

グラミチ / グラミチ パンツは、ヒップ周りにゆとりがあるリラックスしたシルエットになっています。また、前開き仕様になっていたり、バックポケットが左右に配置されていたりなど、街での使用にも使えるようにアップデートされているのが嬉しいですね。
 

参考: 180cm、70kgでXLサイズを選択

僕は180cm、70kgくらいの体型なのですが、XLサイズを選んで着ています。サイズ感はピッタリという感じですね。ヒップ周りがゆとりがあるので、リラックスした雰囲気になりますね。裾はロールアップして、足首をスッキリさせて穿くことが多いです。
 
 

洗濯やお手入れ方法などについて

洗濯やお手入れ方法について
 

洗濯による縮みはややあり

グラミチ / グラミチ パンツは、コットン100%なので通常の洗濯OK、乾燥機はNGです。素材が色ものの場合(ネイビーなど)は色落ちをする場合があるので、はじめは他の洗濯物と一緒にしないで選択することをオススメします。
 
また、コットン100%なので、0.5~1cm程度縮む場合があるようです。個人的には、ほとんど気にならない程度なので、僕は縮むことを想定してサイズ確認、購入はしていませんね。
 
 

購入時のチェックポイント

購入時のチェックポイント
 
グラミチ / グラミチ パンツを購入する時には、以下の点をチェックしておくといいと思います。よければ参考にしてくださいね。
 

ここをチェック!

生地は丈夫だが色落ちは少し早い
人気のカラーやサイズは早めにチェック

 

リラックスした雰囲気を楽しんで

個人的にグラミチパンツのサイズ選びですが、丈よりもウエストで選ぶ方がいいと思います。また、色落ちは少し早い気がするのですが、リラックスしたスタイリングであれば問題ないと思います。よければ参考にしてみてくださいね。
 
 

 
 

使用した感想やスタイリングについて

使用した感想やスタイリングについて
 

実際に着てみた感想 / 着用歴10年

グラミチ / グラミチ パンツは、野外フェスなどでも使えるパンツが欲しくて購入しました。使用歴は買い換えながら使っていて、10年くらいなんじゃないかなーと思います。いまや僕にとっては、野外フェスの鉄板アイテムですね。
 
グラミチはGショーツも愛用していますが、前開き仕様になっていたり、バックポケットが左右に配置されていたりなど、街での使用にも使えるようにアップデートされているのが嬉しいですね。使用感は、安定の素晴らしさで、とても動きやすくストレスないので、アウトドアシーンで使うのにもってこいです。
 

スタイリングについて

僕はネイビーを使っているのですが、ウエストはほぼジャストサイズで、ロールアップして足元をすっきりさせて穿いています。腰履きやクッションさせてスタイリングはしないですね。足元は暖かい時期はTeva+ソックスで、寒い時期はNew Balanceなどに合わせることが多いですね。
 

管理人トーイ
トーイ

僕はアウトドアアイテムを使うときは、全体のシルエットがカジュアルになりすぎないように気を付けています。

 
 

グラミチ / グラミチ パンツのまとめ

グラミチ / グラミチ パンツ
 
グラミチ / グラミチ パンツについて、特徴やサイズ感などをまとめてみると
 

ここがポイント

優れた機能性と動きやすさ
街でも使えるアップデート仕様
スタイル幅広くコスパ高し
ヒップ周りがゆったりとしたシルエット

 
というところでしょうか。
 
グラミチ / グラミチ パンツは、体型や年齢に関係なく、どんな方にも似合うのがいいところです。アウトドアアイテムに抵抗がある方にもオススメできるので、ぜひチャレンジしてみてください!
 
最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!
 

管理人トーイ
トーイ

難点をあげるとすれば、かぶる率が高いということですかね。特にフェスだとよくかぶります(苦笑)

【2024年5月20日:記事追加+修正】