フィルソン / マッキーノ ウールベストのサイズ感、使用感をレビュー。クラシックな定番ベスト。乾燥機でサイズ調整できる?
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.
フィルソン / マッキーノ ウールベストのサイズ感、使用感などレビュー。クラシックな定番ベスト。乾燥機でサイズダウンできる?
更新日 : 2020年12月31日


FILSON / MACKINAW WOOL VEST
フィルソン / マッキーノ ウールベスト
シンプルでクラシックなルックスと質実剛健さが多くのファンを生んだ、秋冬シーズンのマストアイテム。


出典:Amazon
 
 

こんな人におすすめです!

少しいつもと違ったスタイルをしたい
ベストにチャレンジしたい!
ベスト難民に終止符を打ちたい
長く使えるベストが欲しい

 


トーイ

今回は僕の冬のスタイリングには欠かせない「フィルソン / マッキーノ ウールベスト」をご紹介します!

 
こんにちは!管理人のトーイです。突然ですが、「シンプルで何でも合わせられる汎用性が高い」というのが、個人的に洋服を購入する時に考えるときのポイントのひとつなのですが、このブログを読まれている皆さんも、きっと異存はないのではないかと思います。
 
しかし実際にものを購入するときになると、なかなかその条件にあったものを見つけるのは難しいですよね。僕も毎回頭を抱えています。今回ご紹介したい「フィルソン / マッキーノ ウールベスト」は、僕が自信を持って「何でも合わせられる汎用性が高い」と言えるアイテムの一つです。
 
もし「秋冬に少しいつもと違ったスタイルをしたい」「ベストにチャレンジしたいけど、何がいいかわからない」「ベスト難民に終止符を打ちたい」「長く使えるベストが欲しい」という方でしたら、特にオススメできるアイテムです。
 
また、「フィルソンのベストって乾燥機でサイズダウンできるって聞いたんだけど?」という方にも、僕が試してみて感じたことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
 
それでは、フィルソン / マッキーノ ウールベストのあれこれをご紹介していきましょう!
 
 
 

 



 
 
“ブランド紹介”
 

フィルソン

フィルソンは1897年にワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウエアを生産する為に設立されました。「どうせ持つなら最上級のものを」というコンセプトのもとに、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産されています。
 
過酷な環境下で酷使されながらも、十二分にその性能を発揮するフィルソンのプロダクトは、アメリカのワーカー達から高い信頼を獲得し、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになりました。
 
現在では、森林警備隊や空軍、陸軍といった米政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。ファッションシーンにおいても、その質実剛健なスタイルは高く評価され、世界中にファンに愛されているブランドです。

 

一言コメント
トーイ

設立は1897年、とても歴史があるブランドです。長く現場で愛されていきたワークブランドって信頼できますね。

 
 
おすすめポイント
 

フィルソン / マッキーノ ウールベストってどんなアイテム?


出典:Amazon
 
フィルソン / マッキーノ ウールベストは、ブランドを代表する素材「24ozマッキーノウール」が使用されている、しっかりとした肉厚のベストです。マッキーノウールは、100%ヴァージンウールを使用したメルトン生地で、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、未だに2年以上の歳月をかけるこだわりの製法で作られています。
 
その素材感は、24オンスウール素材で、重厚かつしなやか、耐風性、保温性、防水性、耐久性に優れていて、インナーベストとしてももちろんアウターとして使うこともできます。カラーや柄のバリエーションも豊富なので、お気に入りの1着を探す楽しみもありますね。
 


 
 

製品の特徴やおすすめポイント

ブランドを代表する素材「24ozマッキーノウール」を使用


出典:Amazon
 
フィルソン / マッキーノ ウールベストは、ブランドを代表する素材「24ozマッキーノウール」が使用されています。マッキーノウールは、100%ヴァージンウールを使用したメルトン生地で、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、未だに2年以上の歳月をかけるこだわりの製法で作られています。
 
その素材感は、24オンスウール素材で、重厚かつしなやか、耐風性、保温性、防水性、耐久性に優れているベストです。
 
 

シンプルながらも考えられた機能性


出典:Amazon
 
フィルソン / マッキーノ ウールベストは、オーセンティックなボタンフロントモデルで、インナーとしても使い易い様、シンプルに製作されています。
 
ハンドウォーマーポケットや左胸のユーティリティースロット等、小物収納も出来るポケットが4箇所あり、使い勝手の良いディテールになっています。
 
シンプルかつ機能性に優れているという点は、ワークウェアブランドとしての実績と信頼の証でもありますね。
 
 

クラシックかつシンプルなデザイン


出典:Amazon
 
フィルソン / マッキーノ ウールベストは、クラシックかつシンプルなデザインで飽きのこないシルエットになっています。
 
素材へのこだわりと、クラシックなボックスシルエットになっていて、トップスとしてもインナーとしても存在感のある永遠の定番アイテムと言っていいと思います。
 

一言コメント
トーイ

一言で言うと「着るだけで様になる」ベストだと思います。Made in U.S.Aらしい重厚な雰囲気がとてもいいんですよね。

 


 
 
製品情報
 

スペックや価格について

フィルソン / マッキーノ ウールベストのスペックや価格の情報です(2020年10月8日現在)。
 

価格 22,000円前後
素材 ウール100%
生産国 アメリカ(Made in U.S.A.)
注:2020年10月8日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

 

価格は22,000円前後

フィルソン / マッキーノ ウールベストの価格は、22,000円前後で販売されているようです(2020年10月8日現在情報)。ベストの価格としては高めだと思いますが、素材や品質の高さを考えると妥当かなと思います。
 

肉厚な24ozマッキーノウールを使用

フィルソン / マッキーノ ウールベストは、ブランドを代表する素材「24ozマッキーノウール」が使用されています。ベストとしては重厚で肉厚な素材感です。
 
マッキーノウールは、100%ヴァージンウールを使用したメルトン生地で、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、未だに2年以上の歳月をかけるこだわりの製法で作られています。
 
ハンドウォーマーポケットや左胸のユーティリティースロット等、小物収納も出来るポケットが4箇所あり、使い勝手の良いディテールになっていて、利便性もとても高いです。
 
シンプルでクラシックなルックスなので、カジュアルにトップスとして使っても、ジャケットのインナーベストとしてキレイめに使っても様になると思います。
 
 
 
サイズ情報
 

サイズについて

フィルソン / マッキーノ ウールベストのサイズ情報は以下のようになっています(2020年10月8日現在)。
 

サイズ 肩幅 身幅 着丈
XS 33cm 47cm 62cm
S 35cm 50cm 62cm
M 37cm 55cm 64cm
L 39cm 59cm 66cm
XL 41cm 61cm 67cm
注1:2020年10月8日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

やや身幅が大きいルックス

フィルソン / マッキーノ ウールベストは、アメリカらしい、やや身幅が大きいルックスになっています。ただ、大きすぎるという印象はなく、全体的に見た目はすっきりとまとまっている雰囲気ですね。
 

参考: 180cm、67kgでMサイズを選択

僕は180cm、67kg程度ですが、Mサイズを着用しています。ややタイトめで着て、主にアウター使いとして着ている感じです。フロントのボタンは閉じたり外したり、いろいろスタイリングを楽しんでいますね。
 



 
 
洗濯・手入れ方法
 

洗濯、お手入れ方法などについて

自宅での洗濯、乾燥機はNG

フィルソン / マッキーノ ウールベストは、自宅での洗濯、乾燥機は不可です。確実に縮んで、生地が硬くなります。またウール100%で毛玉もつきやすいので、着用後は「ブラシをかける」「陰干しをする」を心がけています。細かいことですが、洋服の持ちがグッと変わります。僕はシーズンオフには、ドライクリーニングに出しています。
 
 

乾燥機を使ってサイズダウンできる?

ワンサイズくらい小さくなるが、質感など変わる

フィルソン / マッキーノ ウールベストですが、オーバーサイズを購入してしまったので乾燥機でサイズダウンした、という記事を見ることがあります。僕も古着を購入して試したことがあるのですが、結論から言うと、確かにワンサイズ程度、全体的に小さくなりますね。
 
僕は、家庭用の乾燥機を使って、LサイズをMサイズくらいに小さくしたかったのですが、Mサイズよりやや小さくなり、着た時のサイズ感はかなり変わったと感じました。単純にサイズダウンしたいだけなら、確かに乾燥機を使うのもアリかもしれません。
 
ただ、やっぱり乾燥機を使うことで、生地が少し硬くなってしまったり、ボタンホールのまわりなど波打ってヨレがでてきます。スチームアイロンで多少は手直しできますが、実際どれくらい小さくなるかもわからないですし、それなりのリスクもあるかなーと思います。
 
ここからは僕の意見なのですが、フィルソンはそこそこ高いベストなので、古着で安く探して、オーバーサイズでも乾燥機で調整したいと思う方も多いと思うんですよね。実際、僕も20代の頃とかそうでしたし。なので、僕は乾燥機でサイズ調整することは全然否定はしません。
 
新品でも古着でも、自分の好きなものをいろいろ試して、成功したり失敗したりするのが楽しいんじゃないかと思います。洋服って自分の考えやスタイルが如実にでるものだからこそ、自由にやっていいというのが僕の考えです。
 
 
 
実際に使ってみた感想
 

使用した感想やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

フィルソン / マッキーノ ウールベストは、30代から新品だったり古着だったり何度か購入しています。カラーバリエや柄が多くて楽しいんですよね。ベストは羽織るだけでスタイリングがぐっと引き締まるので、とても重宝しています。
 

使用してみた感想

肉厚で質実剛健なアメリカ製のタフな一着!という感じなのですが、作りがシンプルなので、意外とどんなスタイリングでも使うことができて、とても重宝しています。ただ、24オンスで肉厚ということもあって、通常のベストよりも重さはあります。ここは好き嫌いが分かれると思いますが、僕は「秋冬のアウター」として考えれば、とても頼もしいと思っていますね。
 

スタイリングについて

僕は主にアウターとして使うことが多いのですが、羽織るものにによってはインナーベストとして使うのも印象がぐっとシャープになるのでオススメです。僕はチャコールグレーを使っているのですが、ボーダーやシャツと合わせてキレイめなスタイリングをすることが多いですね。
 

一言コメント
トーイ

フィルソン / マッキーノ ウールベストはスタイリングにが物足りない時に使うとグッと締まります。めちゃくちゃ便利です。

 
 

記事のまとめ

フィルソン / マッキーノ ウールベストについて、特徴やおすすめポイントなどをまとめてみると
 

ブランドを代表する素材「24ozマッキーノウール」を使用
シンプルながらも考えられた機能性
クラシックかつシンプルなデザイン
使い回しやすく、着るだけで様になる!

 
ということでしょうか。フィルソン / マッキーノ ウールベストは、秋から冬にかけて本当に重宝するアイテムだと思います。個人的には、手放すことは考えられないアイテムですね。一度使ってみると、その便利さを実感できると思います。オススメです!
 
 

一言コメント
トーイ

僕のささやかな個人的経験から言わせていただくと「総じてベストは女子受けがいい!」です(笑)。

 
【2020年12月31日:記事追加+修正】
 

最新の記事
アイテムカテゴリー
アウター
トップス
ボトムズ
シューズ
バッグ
その他