L.L.ビーン / ビーンブーツのサイズ感、特徴、評判などレビュー。レインブーツとしても使える、歴史ある定番ブーツ。
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

L.L.ビーン / ビーンブーツのサイズ感、特徴、評判などレビュー。レインブーツとしても使える、歴史ある定番ブーツ。

更新日 : 2021年07月01日


L.L.Bean / Bean boots
水に強く、街で履いても映えるデザインなので、レインブーツとしてオススメの歴史的名作ブーツ。

L.L.ビーン / ビーンブーツ
出典:Amazon
 
 

こんな人におすすめです!

デザイン性の高いレインブーツは?
アウトドアで映えるブーツを探している
永く使えるレインブーツは?
経年変化を楽しめるブーツが欲しい

 


トーイ

今回は大定番のレインブーツ「L.L.ビーン / ビーンブーツ」をご紹介します!

 
こんにちは!管理人のトーイです。今年も健康診断に行ってきたのですが、今年からはバリウム検査をパスすることにしました。というのも去年バリウム飲んで大変な目にあって、かかりつけの医者に診てもらったら「バリウムなんて誤診は多いし、僕なら飲まない!」とはっきり言われて(苦笑)。もっと早く言って欲しかった。。
 
今回は大定番のレインブーツ「L.L.ビーン / ビーンブーツ」をご紹介します!本来はアウトドア用ブーツですが、水に強く、街で履いても映えるデザインなので、レインブーツとしてオススメします!
 
特に「デザイン性の高いレインブーツは?」「アウトドアで映えるブーツを探している」「永く使えるレインブーツは?」「経年変化を楽しめるブーツが欲しい」という方には、オススメできるアイテムだと思います。
 
それでは、「L.L.ビーン / ビーンブーツ」のサイズ感、特徴、評判などをご紹介していきましょう!
 
 

 


 
 
ブランド紹介
 

L.L.ビーン

L.L.Bean(エルエルビーン)は、1912年に米国メイン州で創業したアウトドア・ブランドです。L.L.Beanの商品は、アウトドアを快適に楽しめるように機能性を重視した商品づくりをモットーにしています。街でもアウトドアでも使用でき、メンズ、レディーズ、キッズまで幅広くラインナップされていることでも有名です。また価格帯も非常にコストパフォーマンスが高く、永く使えるアイテムが揃っています。

 

一言コメント
トーイ

L.L.ビーンは長い歴史の中、トートバッグや今回のブーツのように、名作をたくさん作り出していますよね。

 



 
 
アイテム紹介
 

L.L.ビーン / ビーンブーツってどんなアイテム?

L.L.ビーン / ビーンブーツ
出典:Amazon
 
L.L.ビーン / ビーンブーツは、創業時から作り続けられているブランドを代表するアイテムの一つです。米・メイン州で100年以上も前に誕生して以来、デザインを変えることなく、現在も米・メイン州の自社工場で熟練した職人たちにより一足ずつ手作業で作られています。
 
アッパーに使用した高品質のフルグレイン・レザーが使用されているので、雨や雪をはじき、より精巧な足型を使用したボトムがフィット感を一段と高めています。土踏まずに入ったスチールの補強材で安定感とサポート力も抜群で、チェーン・パターンの溝が入った丈夫なゴム製のボトムは、優れたグリップ力を生み出しています。
 


 
 
おすすめポイント
 

100年以上の歴史のあるブーツ

L.L.ビーン / ビーンブーツ
出典:Amazon
 
L.L.ビーン / ビーンブーツは、米・メイン州で100年以上も前に誕生して以来、デザインを変えることなく、現在も米・メイン州の自社工場で熟練した職人たちにより一足ずつ手作業で作られている名作ブーツです。そのデザインは、現在でも古くならずに、生涯永く使うことができるブーツです。また、使い込んでいくと革が足に馴染み、深い艶が出てきたりと、経年変化を楽しむことができるのも、大きなオススメポイントです。
 
 

アウトドアを意識した機能性

L.L.ビーン / ビーンブーツ
出典:Amazon
 
L.L.ビーン / ビーンブーツは、アウトドアを意識した機能性抜群のブーツです。アッパーに使用した高品質のフルグレイン・レザーが使用されているので、雨や雪をはじき、より精巧な足型を使用したボトムがフィット感を一段と高めています。土踏まずに入ったスチールの補強材で安定感とサポート力も抜群で、チェーン・パターンの溝が入った丈夫なゴム製のボトムは、優れたグリップ力を生み出しています。
 
 

豊富なラインナップ

L.L.ビーン / ビーンブーツ
出典:Amazon
 
L.L.ビーン / ビーンブーツは、長い歴史の中で様々なラインナップをリリースしています。通常のブーツサイズの「8インチ」、ややローカットぎみの「6インチ」、くるぶしを出したシューズのようなスタイルの「ガムシューズ」など、用途やスタイリングに合わせてアイテムを選ぶことができます。
 

一言コメント
トーイ

最初は革の部分が少し硬いかもしれませんが、だんだんと馴染んでいく過程が楽しいんです。


 
 
製品情報
 

スペックや価格について

L.L.ビーン / ビーンブーツは、いろいろなラインナップがありますが、ここでは定番の「8インチ」のスペックや価格の情報をシェアしますね(2021年7月1日現在)。
 

価格 23,000円前後
素材:メイン レザー
素材:ソールまたは裏地 ゴム, レザー, 木材
生産国 アメリカ(Made in U.S.A.)
注:2021年7月1日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

 

価格は23,000円前後

L.L.ビーン / ビーンブーツ(8インチ)の価格は、23,000円前後で販売されているようです(2021年7月1日現在情報)。手入れも楽でかなり長持ち+経年変化を楽しめるブーツなので、コスパはとても高いと思います。
 

ヘビーデューティーでがっしりした作り

L.L.ビーン / ビーンブーツ(8インチ)は、ヘビーデューティーでがっしりした作りになっていて、普段使いであれば、まず水が入ってくることはありません。お手入れも簡単なのも嬉しいです。
 
また、ややローカット気味の「6インチ」やシューズタイプの「ガムシューズ」、コラボや素材違いなどのバリエーションもたくさんリリースされているので、用途やスタイリングに合わせて選ぶことができますよ。
 
 
サイズ感について
 

サイズ感について

L.L.ビーン / ビーンブーツはいろいろなラインナップがありますが、ここでは定番の「8インチ」のサイズ情報をシェアしますね(2021年7月1日現在)。
 
サイズはUSサイズ表記になっていて、メンズだと7サイズ(25cm)から14サイズ(32cm)までの展開になっています。ハーフサイズはないので注意しましょう。
 
また、ネットショップによっては靴幅を「Medium D」と幅広の「Wide EE」から選べるようですが、店舗購入の場合は「Wide EE」のみの取り扱いのようです。
 

注1:2021年7月1日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 
 

ぽってりとした大きめのサイズ感

L.L.ビーン / ビーンブーツは、ぽってりとした大きめのサイズ感になっています。なので、通常のサイズ感よりも1サイズ下げても大丈夫だと思います。基本的にビーンブーツは厚手のソックスを履くことを想定しているので、試着する際は実際にビーンブーツを履く時のソックスで試してみてください。
 
なお、サイズ展開にハーフサイズがない+アッパー部分はゴムになっていて伸びることはないので、サイズに迷ったら大きめを選んで、靴下や中敷で調整することをオススメします。
 

参考: スニーカー27cmで8Wサイズ(26cm)を選択

僕は通常スニーカー27cmなのですが、8Wサイズ(26cm)を選択しています。これでも余裕がある感じなのですが、7サイズにするとぴったりすぎるので、靴下などで調整しています。
 



 
 
洗濯・手入れ方法
 

洗濯、お手入れ方法などについて

簡単に拭いてクリームでOK

L.L.ビーン / ビーンブーツは、防水性が高く丈夫な作りになっていることもあって、お手入れも簡単です。基本的には汚れた部分を拭き取ってから、革靴用クリームを塗るだけでいいと思います。できればシューキーパーなどで靴内を除湿できるとベストです。
 
 
実際に使ってみた感想、評判
 

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

L.L.ビーン / ビーンブーツは、ずっと欲しかったアイテムだったのですが、5年前くらいに野外フェスが、予報で雨になることがわかって、それを理由に購入しました。店舗で購入したらキャンペーン中だったのか、ビーンブーツのキーホルダーをもらって、かなりテンション上がりました(笑)。
 

使用してみた感想、評判

L.L.ビーン / ビーンブーツは、100年以上ほとんどモデルチェンジをしていないということもあって、モノとしての完成度がめちゃくちゃ高いと思います。履くだけでこれだけテンション上がるブーツもなかなかないですね。また、履かない時も靴箱に収まっているルックスもかわいいです。
 
また機能面ですが、ボトムのソールは水はまったく入らないので、細かいことはあまり考えずにガシガシ履いています。アッパーのフルグレイン・レザーも革靴のように硬すぎることはないのでエイジングも簡単に楽しめると思います。
 

スタイリングについて

デザインがとてもいいので、タウンユース、もしくは軽いアウトドアアクティビティで使っています。野外フェスとかでもよく見かけますし、男女問わず履いているだけでスタイリングが決まります。スタイリングの「はずし」としても使いやすく、意外とオールシーズン使える万能選手だと思います。
 


一言コメント
トーイ

ゴムで覆われた革のブーツなので、長く履いているとどうしても蒸れてきます。ブーツを頻繁に脱ぐようなシーンでは、使用は避けるのがベターです。

 
 

記事のまとめ


L.L.ビーン / ビーンブーツについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると
 

ここがポイント!

ぽってりとした大きめのサイズ感
100年以上の歴史のあるブーツ
アウトドアを意識した機能性
豊富なラインナップ

 
ということでしょうか。L.L.ビーン / ビーンブーツは、レディーズもキッズサイズもあるので、ファミリーで揃えても可愛いと思います(一度見かけたことがあるのですが、めちゃくちゃお洒落だったです)。お世辞抜きで生涯使えるブーツだと思います!
 
 

一言コメント
トーイ

ビーンブーツは眺めているだけでも楽しいです。僕はそれでお酒飲めます(笑)。

 
【2021年7月1日:記事追加+修正】