【定番】L.L.ビーン / ビーンブーツの特徴やサイズ感、使用感などレビュー! | DAYLIGHT
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.
L.L.ビーン / ビーンブーツの特徴やサイズ感、使用感などレビュー!
更新日 : 2020年05月21日


L.L.Bean / Bean boots
100年以上も前に誕生して以来、デザインを変えることなく現在も愛されて続けているブーツ。

トーイ

100年以上も前に誕生して以来、デザインを変えることなく現在も愛されている名作ブーツです!

L.L.Bean / Bean bootsについて

 


 
出典:wikipedia

 
L.L.Beanの創業時から作り続けられているビーン・ブーツ。米・メイン州で100年以上も前に誕生して以来、デザインを変えることなく現在も愛されています。
 
現在も米・メイン州の自社工場で熟練した職人たちにより一足ずつ手作業で作られています。
 
 

ビーン・ブーツの特長


 
高いフィット感を得られるように精巧な足型で製造された防水効果の高いゴム製のボトムの靴底は独特なチェーンパターンの溝が刻まれています。
 
ゴムのボトム&ソール部は密閉されていて、水が浸水することがありません。安心して水たまりや雨の日でも利用できます。
 
また、アッパー部分は雨や雪を防ぐフルグレイン・レザーを採用しています。フルグレイン・レザーは皮の一番表面の部分で、高品質で耐久性・防水性が高いのが特徴です。
 
靴紐下のベロ部分もアッパーと一体化されているので、雨や雪の侵入を防いでくれるので安心です。
 
 

 

僕が実際に使ってみた感想 / 使用歴3年

デザインがとてもいいので、タウンユース、もしくは軽いアウトドアアクティビティで使っています。野外フェスとかでもよく見かけますし、男女問わず履いているだけでスタイリングが決まります。
 
ボトムのソールは水はまったく入らないので、細かいことはあまり考えずにガシガシ履いています。アッパーのフルグレイン・レザーも革靴のように硬すぎることはないのでエイジングも簡単に楽しめると思います。
 
ボトム部分はゴム製で完全密閉されているので、長時間履いていると「蒸れ」が気になるとよく言われていますが、個人的にはそうでもないと思います。
 
ただ、これはブーツ全般に言えることですが、頻繁に脱いだり履いたりする場所では利用するのは少し大変かもしれません。
 
またサイズ選びですが、ソールがゴムなので伸びるということがないのでジャストサイズよりやや大きめを買うのがおすすめです。
 
厚手の靴下と合わせて履くようにやや大きめに設計されているので、実際に厚手の靴下を履いて試し履きをすることをお勧めします。
 
L.L.Beanのフラッグショップでは大抵試し履き用に厚手の靴下を貸してくれると思いますので、迷ったら店員さんに相談するのがおすすめです。
 
 

最新の記事
アイテムカテゴリー
アウター
トップス
ボトムズ
シューズ
バッグ
その他