キャンバー / マックスウェイト ポケットTのサイズ感、特徴、評判などレビュー。タフでヘビーデューティーな魅力がぎゅっと詰まったアイテム。 – Day+Light / 自分らしいファッションやカルチャーを紹介するライフスタイル・ブログ
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

キャンバー / マックスウェイト ポケットTのサイズ感、特徴、評判などレビュー。タフでヘビーデューティーな魅力がぎゅっと詰まったアイテム。

更新日 : 2024年05月15日 
※この記事は広告を含んています
キャンバー / マックスウェイト ポケットT


CAMBER / POCKET T-SHIRT
ヘビーウェイトと言えば真っ先に浮かぶブランドによる、定番の超肉厚Tシャツ。

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
出典:Amazon
 
 

こんな人におすすめです!

しっかりした素材のTシャツが欲しい
タフなアメカジファッションが好き
型崩れしにくいTシャツって?

 

管理人トーイ
トーイ

使用歴20年の僕が、ユーザ目線で「キャンバー / マックスウェイト ポケットT」の魅力や使用感、サイズや購入時のチェックポイントなどをレビューしてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

 
こんにちは!管理人のトーイです。
 
僕はYoutubeでリフォーム動画を見るのが好きなんですが、自分でも借家をリフォームして暮らしたことがあるので、古い家の大変さが身に染みてわかります。。今は新築の一軒家に住んでいますが、もう水回りが古いところには絶対に住めないですね。。
 
今回は、超肉厚のタフなポケットTシャツ「キャンバー / マックスウェイト ポケットT」をご紹介します!ヘビーウェイトといえば「キャンバー」と言っていいほどのブランドですが、その代名詞とも言えるTシャツです!
 
特に「しっかりした素材のTシャツが欲しい」「タフなアメカジファッションが好き」「型崩れしにくいTシャツって?」という方には、オススメできるアイテムだと思いますよ。
 
それでは、「キャンバー / マックスウェイト ポケットT」のあれこれをご紹介していきましょう!参考にしてもらえたらうれしいです!
 
 


 

キャンバーについて

CAMBER
 

キャンバーの歴史

キャンバーは、アメリカのペンシルバニア州にある老舗スポーツウエアメーカーです。1948年に生地工場としてスタートしたファクトリーで、学生スポーツチームや、体育協会等からのボディ受注を請け負っていましたが、そのノウハウを活かし、1992年にCAMBERとしてのオリジナルレーベルをスタートします。アメリカの自社工場での生産に頑なにこだわり、重厚なニットウエアのラインナップが特徴的な、アメカジを代表するブランドです。
 
 

キャンバー / マックスウェイト ポケットTってどんなアイテム?

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
出典:Amazon
 

通常のTシャツの2倍以上の厚みの超肉厚Tシャツ

キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、キャンバーのラインナップで「マックスウェイト」と名付けられた超肉厚シリーズのTシャツです。その素材の厚さなんと8オンスと、通常のTシャツの2倍以上の厚みになっていて、とても丈夫で長持ちします。良質なコットンは洗濯する度に目がギシっと詰まり、その気持ち良い肌触りは決して他のTシャツでは味わえません。
 

スペックや価格について

価格 4,500円前後
素材 コットン100%
生産国 アメリカ
注1:2024年5月15日までに確認した情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

管理人トーイ
トーイ

キャンバーといえば、肉厚でタフな素材感が魅力です。これぞアメカジ!という雰囲気が楽しめます。

 
 

おすすめポイントや特徴

素材がとにかく分厚い!

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
出典:Amazon
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、「マックスウェイト」と名付けられた、超肉厚シリーズのTシャツで、その素材の厚さなんと8オンスになっています。これは、通常のTシャツの2倍以上の厚みになっていて、簡単に生地がヨレたり、伸びたりしないのが大きな特徴ですね。
 

ヘビーデューティーを極めた作り

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
出典:Amazon
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、「ヘビーデューティー」という言葉が、本当にしっくりくるTシャツだと思います。8オンスの厚みの生地をはじめとして、各部縫製はしっかりとしたカバーステッチ、首元は伸縮素材混紡の肉厚リブを採用し、首~肩にかけてテーピング補強が施されています。
 

クラシックなボックスシルエット

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
出典:Amazon
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、アメカジファンには堪らない、クラシックなストレスのない、丸胴編みのボックスシルエットになっています。サイズ感も大きめの作りで、今っぽいオーバーサイズのスタイリングを楽しめるのもいいですね。
 

管理人トーイ
トーイ

ちなみにマックスウェイトTシャツには、ポケットなしの「301」というラインナップもあります。

 
 

サイズについて

サイズについて
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTのサイズ情報は以下のようになっています(2024年5月15日現在)。
 

サイズ 肩幅 身幅 着丈
S 48cm 49cm 69cm
M 53cm 54cm 72cm
L 56cm 59cm 73cm
XL 60cm 65cm 74cm
注1:2024年5月15日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 

大きめシルエットのサイズ感

キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、大きめシルエットのサイズ感になっています。通常の日本サイズよりも「1サイズ程度大きめ」というサイズ感なので、ビッグシルエットのTシャツと考えて購入もありですね。
 

参考: 180cm、70kgでLサイズを選択

僕は180cm、70kgくらいの体型なのですが、Lサイズを選んで着ています。サイズ感はやや大きめのリラックスした雰囲気という感じですね。
 
 

洗濯やお手入れ方法などについて

洗濯やお手入れ方法について
 

洗濯による縮みはややあり

キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、通常の洗濯OK、乾燥機は基本NGです。乾燥機については、どうしても縮んでしまうのですが、素材がかなり丈夫なので、そこに目をつぶれば(苦笑)問題ないかと思います。
 
また、コットン100%なので、洗濯時に若干の縮みがでます。特に着丈が縮む傾向があるのですが、サイズ選びは通常通りでいいと思います。
 
 

購入時のチェックポイント

購入時のチェックポイント
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTを購入する時には、以下の点をチェックしておくといいと思います。よければ参考にしてくださいね。
 

ここをチェック!

サイズ感は大きめなので注意
縫製はもともと甘いので気になる人は注意

 

良くも悪くもアメリカ製のTシャツ!

キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、サイズ感は大きめなので、ビッグシルエットのTシャツを買うつもりで、サイジングするのがいいと思います。また、縫製はおそらくどの個体も甘いので(苦笑)、気になる人は避けた方がいいかもしれません。
 
 

 
 

使用した感想やスタイリングについて

使用した感想やスタイリングについて
 

実際に着てみた感想 / 着用歴20年

キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、20代の頃に購入して以来、何度か買い替えて使っています。男らしいヘビーデューティーさが気に入っていますね。
 
なんといっても、この素材の厚みがすごいです。まず、肌が透けることはありませんし、一枚で着ても存在感があるので、貧相な感じにはならないですし、体型カバーもできて(苦笑)一石二鳥です。
 

スタイリングについて

僕はアイビー風のスポーティな雰囲気で合わせることが多いです。スウェットパンツバンズとか、よくやりますね。あとはバーサタイルショーツとかの、短パンにあわせてもいいですね。
 

管理人トーイ
トーイ

思いっきりカジュアルにスタイリングすると、雰囲気出ると思います!いろいろ楽しんでみてください!

 
 

キャンバー / マックスウェイト ポケットTのまとめ

キャンバー / マックスウェイト ポケットT
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTについて、特徴やサイズ感などをまとめてみると
 

ここがポイント

素材がとにかく分厚い!
ヘビーデューティーを極めた作り
サイズ大きめのボックスシルエット
縫製はやや甘い

 
というところでしょうか。
 
キャンバー / マックスウェイト ポケットTは、キャンバーらしいタフでヘビーデューティーな魅力が、ぎゅっと詰まったアイテムだと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!
 

管理人トーイ
トーイ

使い込むほどに、体に馴染んで愛着が湧く、相棒のようなTシャツに育つと思いますよー。

【2024年5月15日:記事追加+修正】