【定番】オーシバル / ジップアップパーカーの特徴やサイズ感、使用感などレビュー! | DAYLIGHT
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.
オーシバル / ジップアップパーカーの特徴やサイズ感、使用感などレビュー!
更新日 : 2020年10月07日


ORCIVAL / HOODED SWEATSHIRT
リラックス感とキチンと感をあわせもつ、使えるジップアップパーカー。

トーイ

何か一枚羽織りものが欲しいな、という時の僕の定番、オーシバルのジップアップパーカーをご紹介します!

オーシバルはバスクシャツやバッグが有名だと思いますが、実はパーカーもなかなか優秀なんです。
 
僕は季節の変わり目とか、何か一枚羽織り物が欲しいな、という時によく使っています。それくらい使い回しが効く便利なアイテムです。
 
今回はそんな優秀なアイテム、オーシバルのジップアップパーカーを深掘りしていきたいと思います!
 
 
 

この記事でわかること

1. オーシバルの簡単なご紹介
2. オーシバル / ジップアップパーカーの特長
3. サイズ選びのポイントと洗濯について
4. 僕が実際に使ってみた感想

 


 
 

 

オーシバル


出典:Amazon
 
出典:orchival website

 
フランスの中央に位置するオーヴェルニュ地方にある「オーシバル」という小さな村の名前を由来とするオーシバルは、1939年にフランスで誕生したブランドです。
 
蜂のエンブレムが特徴的なオーシバルは、1950年代以降、マリンスタイルの代名詞とも言えるボーダー柄のバスクシャツを製造し、フランス海軍へ提供していました。
 

過去には、あのピカソも愛用したというバスクシャツだけでなく、Tシャツやパーカー、ワンピースなどの洋服、トートバッグなども展開しています。

 
 

 

ふっくらとしたフードがスタイリングになじみやすい


出典:Amazon
 
オーシバルのフード部分は、生地を2枚合わせになっていて形が崩れないように工夫されています。一番上までジップを閉めると程よく立体的にみえますので、だらしない印象にならず、キレイめなスタイリングによくなじみます
 
また、アクセントにもなっているゴールドのジップは上下から開閉できるので、いろんなスタイリングも楽しめます。
 
 

ナチュラルな着心地で、程よいサイズ感がうれしい


 
1900年代初頭の吊り編み機で、糸にストレスをかけずにゆっくりと編んだパーカーの生地は、しっかりとした素材感が魅力で、洗い込むほどに変化します
 
また、パーカーの内側は裏毛仕様でソフトな肌触り。また、シンプルなデザインのためシーズンに関係なく一年中着まわすことができ、どんな服装にも合わせやすいです。
 
 

コットン100%の素材で安心


出典:Amazon
 
コットン100%素材のオーシバルのパーカーは、とにかく着心地がよくて、すぐに体になじみます。オーシバルのパーカーは着こんでいくほどに肌になじみ、洗濯機でじゃぶじゃぶと洗ってもOKなのがうれしいです。
 
空気と一緒に編み込まれた素材感の、着こむほどに肌に馴染む快適な着心地はクセになります。
 
 


 
 
“製品情報”
 
オーシバル / ジップアップパーカーの製品情報です(2020年10月7日現在)。
 

価格 16,000円前後
素材 綿100%
生産国 日本製
注:2020年10月7日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

 
素材はコットン100%で、とても着心地、肌触り共にいいです。また布地は肉厚で、裏地はパイル時になっているのもうれしいです。ワンポイントになっている袖のロゴや、ゴールドのダブルジップアップ仕様など、細かいこだわりポイントも見逃せません。
 
 

 
オーシバル / ジップアップパーカーのサイズ情報は以下のようになっています(2020年10月7日現在)。表記は0〜5サイズとなっていて、目安としては0〜2はレディース、3〜5がメンズです。
 

サイズ 着丈 身幅 裄丈
0 56cm 44cm 75cm
1 58cm 46cm 77cm
2 60cm 48cm 79cm
3 61cm 50cm 80cm
4 63cm 52cm 82cm
5 65cm 55cm 84cm
注1:2020年10月7日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

 
ちなみに僕は180cm、67kgなのですが、サイズ4を購入して、ややタイトめのサイズ感です。内に厚手のものを着たり、レイヤードにするのはきついかな、という感じです。ちなみにジップアップは、ほとんど上げずにスタイリングしています。
 
 

 
また、洗濯についてですが、素材はコットン100%なので、洗濯をすると必ず縮みます。乾燥機は厳禁です。
 
縮む程度ですが、僕の経験だと身幅はほとんど変化ないのですが、着丈が3〜5cm程度縮むという印象です。なので、購入する場合は、自分の体型や着こなしに合わせて、ワンサイズ上のものを購入するのもアリだと思います。
 
 

 

僕が実際に使ってみた感想 / 使用歴8年

オーシバルのジップアップパーカーは、8年前から使っていて、いつもグレーを購入しています。スタイリングとしては、ほとんどジップアップは使わずに羽織のように着るか、ジップアップの下も上げて着ることが多いです。
 
着心地や着回しは申し分ないのですが、個人的にもうひとつだなーと思うのは、袖のリブの耐久性が少し弱いところ。長く使っていると袖が開いてきてほつれてくることが多く、1〜2年に1着は買い換えている気がします。ただ、これは僕がかなり着倒しているからかもしれませんが(苦笑)。
 
とはいえ、春秋には本当に出番の多い、便利なアイテムです。ちょっと近所に出かける時に羽織ったり、インナーに使うこともあります。
 
注意しているのは、色がグレーなので中に着るものは、ボンヤリした色味ではなく、太めの濃紺ボーダーなど、濃い色のものを合わせるようにしています。
 
 


トーイ

僕はパーカーの紐は取ってしまう派です。プラプラと紐が垂れ下がっているのが、性格的に嫌なんです(笑)

 
 

オーシバル / ジップアップパーカーのまとめ

オーシバル / ジップアップパーカーの特長をまとめてみると
 
 

ここがポイント

1. ふっくらとしたフードがスタイリングになじみやすい
2. ナチュラルな着心地で、程よいサイズ感がうれしい
3. コットン100%の素材で安心
4. 洗濯をすると縮むことがあるので注意

 
ということでしょうか。オーシバルはジップアップパーカーだけでなく、バスクシャツやバッグなど、素敵なアイテムも多いので、定番アイテムとしてワードローブに是非加えてみてください。
 

定番度 ★★★★☆
コスパ ★★★☆☆
使いやすさ ★★★★☆
丈夫さ ★★★☆☆
購入しやすさ ★★★☆☆

 


トーイ

昔はオーシバルは「オーチバル」と呼ばれていましたよね?なので、今でも「オーシバル」という呼び名に慣れません(苦笑)

【2020年10月7日:記事追加+修正】
 

Item Keywords:
最新の記事
アイテムカテゴリー
アウター
トップス
ボトムズ
シューズ
バッグ
その他