BOTTOMS FASHION

RESOLUTE(リゾルト) / 710のサイズ感、特徴、評判などレビュー。日本人に似合うジーンズを目指した新定番。

RESOLUTE(リゾルト) / 710


出典:Amazon

こんな人におすすめです!

細身の国産ジーンズが欲しい
日本人体型に似合うジーンズは?
愛着もってジーンズを育てたい
いつでも定番を手に入れたい


トーイ

今回は最近購入してすっかりハマってしまった、新定番ジーンズ「RESOLUTE(リゾルト) / 710」をご紹介します!

突然ですが、ジーンズ選びってこだわりの塊、みたいなところがありますよね。細かなディテールや歴史、さらに経年変化やサイジングなど。。

それだけに一度気に入ったジーンズはなかなか変えたくないものですし、逆に言えばそういった気に入ったジーンズを見つけるのは、はっきりいって至難の技です。

僕はずっとリーバイス501を履いてきたのですが、40代に入ってから違ったジーンズも試したいなーと思うことも多くなりました。

そこで以前よりずっと気になっていた「RESOLUTE(リゾルト) / 710」を購入したのですが、これが素晴らしくて!

僕のように、「以前から穿いているジーンズがしっくりこなくなった」「なにか新しい定番のジーンズを開拓したい」という方のために、今回は「RESOLUTE(リゾルト) / 710」をご紹介します!



リゾルト

RESOLUTE(リゾルト)は、国産のデニム業界で長年デザイナーを務めてきた林 芳亨氏が2010年に新たに立ち上げた国産ジーンズブランドです。

「メイドインジャパンにこだわる」「穿き込んでこそ自分にあったジーンズになる」「道具としてのジーンズ」というという理念をもとに、本当にいいものを長く作っていくんだという、気概を感じる国産ジーンズブランドです。

おすすめポイント

RESOLUTE(リゾルト) / 710ってどんなアイテム?


出典:Amazon

RESOLUTE(リゾルト) / 710は、国産のデニム業界で長年デザイナーを務めてきた林 芳亨氏が、「メイドインジャパンにこだわる」「穿き込んでこそ自分にあったジーンズになる」「道具としてのジーンズ」というという理念を体現した、ブランドを代表するモデルです。

リーバイスの66モデルを参考にしているので、細身のストレートなシルエットが特徴で、タイトめに穿きこんでいくことで、自分の体型に馴染んで聞きます。

アタリが付きやすく、かつ独特の雰囲気になるのもポイントで、その人なりの経年変化のある味わい深いジーンズに育ちます。

おすすめポイント

日本人の体型にフィットしたシルエット


出典:Amazon


出典:Amazon

リゾルトのジーンズは国内生産にこだわり、織布、染め、縫製、仕上げまで、全て国内(中国地方、備後地区)の熟練のデニム職人によって生産されています。

生地はこれぞデニムというごわっとした厚めの生地になっていて、デニムが穿き手にあわせて「仕上がって」いくには、少なくとも1年は穿き続けなければなりません。

しかし、愛着を持って穿き続けていくことで、次第に身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていきます

この「あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ生まれる美しいフィット感」がリゾルトの最大の魅力だと思います。

じっくりと楽しめるこだわりの経年変化


出典:Amazon


出典:Amazon

リゾルトのジーンズは、 昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地で作られています。この生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ちにあります。この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素なのだそうです。

穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなり、そこから色が落ちていき、毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のままになります。この濃淡が1本のデニムに絶妙なカラーコントラストを生み出し、自分だけのジーンズが出来上がるというわけです。

また、リゾルトのジーンズの特徴として、洗濯と続けていくと、サイドの縫い目が内側に巻くように「ねじれ」が生まれてきます。これがまた、独特でいい感じです。

それと、コインポケットは履きこむと稲妻のようなパッカリングになり、710はボタンフライ仕様なので、ボタン独特のアタリがでてくるのもかっこいいです。

いつでも定番が購入できる安心感


出典:Amazon


出典:Amazon

リゾルトのラインナップは定番の『リゾルト710』、太めの『リゾルト711』、テーパードの『リゾルト712』、股上の浅い『リゾルト713』の4つです。

リゾルトはこの4つのみのラインナップにこだわっていて。それは「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」からだそうです

僕のように、気に入ったアイテムはいつまでも長く使っていきたいと思っている人には、本当にうれしいですよね。

一言コメント
トーイ

はじめはちょっとキツいので「大丈夫か?」と思ってしまうんですが、だんだんと馴染んでいくのでご心配なく。

製品情報

スペックや価格について

リゾルトの701ジーンズのスペックや価格の情報です(2020年10月31日現在)。

価格 25,000円前後
素材 100% COTTON
生産国 日本
注:2020年10月31日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は25,000円前後

リゾルトの701ジーンズの価格は、25,000前後です。一般的なジーンズの値段と比べると高いですが、国産ブランドのジーンズの価格としては妥当かなあ、という印象です。

クラシックなボタンフライ仕様

フロントはクラシックなボタンフライ仕様になっていて、細かいディテールは紙パッチ、赤耳になっています。ヴィンテージジーンズの定番の仕様ですね。

サイズ感について

サイズ感について

リゾルトの701ジーンズのサイズですが、ウエストがW27からW34まで、レングスがL28からL36までの組み合わせで展開されています。これって凄いですよね。大抵は裾上げをすることなく、自身の体型にあったサイズを選ぶことができると思います。

サイズ感はかなりタイト

リゾルトの701ジーンズは、リーバイスの66モデルを参考にしているので、細身のストレートなシルエットになっています。また、基本的にはワンクッションさせるようなスタイルで穿くことは想定していないモデルだと思うので、くるぶしくらいの丈感がオススメです。

穿きこむうちに2cmほど伸びる

リゾルトがオススメしている穿き方は、ベルトはせずに一番上のボタンがギリギリ閉まる程度のタイトめのスタイルなのですが、リゾルトのジーンズは穿きこむうちに、ウエストやワタリが2センチほど伸びてくるので、これくらいのサイズ感でちょうどいいです。

フィッティングはシビアに

通常のジーンズよりもタイトなシルエットなのですが、伸びてくることも考慮したほうがいいので、フィッティングはシビアにしたほうがいいです。よくサイズ感がわからない時は、店員さんのアドバイスをよく聞いて、参考にしてみてください。

参考: 180cm、66kgで31 / 32サイズ

僕は180cm、67kgくらいの痩せ型体型なのですが、31 / 32サイズを選んでいます。ウエストは最初はかなりタイトで、レングスはくるぶし丈でロールアップはしていません。穿きこむうちに確かにウエストは伸びてきて、今はちょうど良い感じになっています。



洗濯・手入れ方法

洗濯、お手入れ方法などについて

通常の洗濯、乾燥機は基本NG

リゾルトのジーンズは、特に気にせずに家庭用の洗濯機で洗ってもらってOKです。乾燥機は基本的にはNGです。
公式でも耐久性の維持や色落ちを楽しむために、定期的に洗うことをオススメしているので、どんどん洗っていきましょう。

洗濯による縮みはなし

リゾルトのジーンズは、既にワンウオッシュされているので、乾燥機をかけなければ、縮みはレングス、ウェスト共にほとんどありません。気にせずどんどん洗濯してもらってOKです。

実際に使ってみた感想、評判

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

ずっと僕はリーバイス501のみを穿き続けてきたのですが、なんだか体型に合わなくなってきたような気がしてきたのと、少し違うジーンズを定番にしたいと思って、ずっと気になっていたリゾルトの701を半年前に購入しました。

使用してみた感想、評判

初めはキツい感じがしていたのですが、徐々に生地が伸びて、体型に馴染んでいって、今ではとてもしっくりきています。細さやシルエット、穿き心地も本当に申し分ないというか、もっと早くから買っておくんだったと後悔しています(笑)

スタイリングについて

僕はリゾルトのオススメする着用方法のとおり、細身のシルエット、ベルトなし+シャツはインで、くるぶしが見える感じで穿いています。基本的には革靴、特にローファーかパラブーツを合わせることが多いですねー。


トーイ

リゾルト公式サイトでは、デザイナー林さんのスタイリングを見ることができますが、めっちゃくちゃ素敵です。この空気感、憧れるなあ。。

記事のまとめ

RESOLUTE(リゾルト) / 710のサイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント

1. 日本人の体型にフィットした美しいシルエット
2. じっくりと楽しめるこだわりの経年変化
3. いつでも定番が購入できる安心感

ということでしょうか。使い始めたのは、つい半年前くらいですが、すっかりその魅力にハマっています。まだまだ経年変化は出ていないですが、これから育っていくのが楽しみです!


トーイ

価格はやや高めだとは思いますが、それだけの価値はあると思います。僕はテーパードタイプの712も購入しようと思ってます!

【2020年10月31日:記事追加+修正】

-BOTTOMS, FASHION
-,