広告 SHOES

G.H.BASS / ラーソンのサイズ感、特徴、評判などレビュー。ビーフロールが特徴の丈夫でカジュアルな定番ローファー。

G.H.BASS / ラーソン

こんな人におすすめ

  • アイビー、トラッドスタイルが好き
  • 長く使える定番のローファーを知りたい
  • 手入れが楽で履きやすいローファーを探している
トーイ

今回は、ビーフロールが特徴のカジュアルな定番ローファー「G.H.BASS / ラーソン」をご紹介します!

今回は、ビーフロールが特徴のカジュアルな定番ローファー「G.H.BASS / ラーソン」をご紹介します!
 
特に『アイビー、トラッドスタイルが好き』『長く使える定番のローファーを知りたい』『手入れが楽で履きやすいローファーを探している』という方にオススメできるアイテムだと思います。
 
それでは、「G.H.BASS / ラーソン」のあれこれをご紹介していきましょう!参考にしていただければうれしいです!

ブランド紹介

ブランドについて

G.H.BASS

『ジーエイチ バス』は、1876年にメイン州ウィルトン市にて、ジョージ・ヘンリー・バス(George Henry Bass)氏によって設立されたアメリカの老舗シューズブランドです。
『ジーエイチ バス』を一躍有名にしたのが、1936年に発売された「ウィージャンズ」(=“ノルウェーの”の意)というモデルです。
これはノルウェーの木こりたちが履いていたシューズを原型にしてつくられた靴で、靴ひもがなく着脱が楽にできることから「ローファー」(=“怠け者”の意)と呼ばれるようになりました。
1950年代には、アイビーファッションに身を包んだアメリカの名門大学生たちがこぞって履いたことによって、今ではトラッドスタイルの足元を飾る代名詞的存在となりました。
140年以上の歴史をもつ老舗ブランドの高い製靴技術と、本格仕様のレザーローファーながら、良心的な価格で世界中にファンがいます。

おすすめポイントや特徴

特徴的なビーフロール

G.H.BASS / ラーソン

出典:Amazon

G.H.BASS / ラーソンは、なんといってもサドル(甲部分のあて革)の両端をモカシン部分で巻き留めたよう「ビーフロール」が特徴です。

ややボリュームが出たデザインになるので、カジュアルなスタイリングにもよく合いますよ。

100年近く変わらない伝統的なローファーの製法

G.H.BASS / ラーソン

出典:Amazon

G.H.BASS / ラーソンは、伝統的なローファーの製法であるマッケイ製法に近い手法を用いて縫われています。

マッケイ製法はモカシン製法とも呼ばれており、この底付けは、袋のように足を包み込むのが特徴です。

G.H.BASSのローファーは、生産を開始して100年近くの間ほとんど製法を変えず、当時のままの伝統を受け継いでいます。

美しい光沢を放つ素材感のレザー

G.H.BASS / ラーソン

出典:Amazon

G.H.BASS / ラーソンをはじめとする、G.H.BASSの多くのモデルにはガラスレザーを採用しています。

ガラスレザーは、フェイクレザーの靴によく見られる安っぽいテカりではなく、しっとりとした艶を放つのが特長です。

また、見た目の美しさだけでなく、雨風や汚れに非常に強く、手入れが楽なのもポイントが高いです。

トーイ

G.H. Bassのローファーの代表的なモデルには、もうひとつ「ローガン」があります。 ちなみにラーソンとローガンの違いはビーフロール(サドルの縫い目)があるかないかです。

スペックや価格について

スペックや価格について

G.H.BASS / ラーソンのスペックや価格の情報です(2024年1月29日現在)。

価格26,000円~33,000円前後
素材HIGH SHINE LEATHER
生産国エルサルバドル

注:2024年1月29日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は26,000円~33,000円前後

G.H.BASS / ラーソンは、26,000円~33,000円前後で販売されているようです(2024年1月29日情報)。革靴でこれだけのクオリティでこの価格帯というのは、かなりコスパ高いと思いますね。

特徴的なカジュアルさを出すビーフロール

G.H.BASS / ラーソンは、サドル(甲部分のあて革)の両端をモカシン部分で巻き留めたような仕様は「ビーフロール」と呼ばれています。全体的にコンパクトなシルエットながらも、 カジュアルながらもクリーンでエレガントな印象ですね。

トーイ

G.H.BASS / ラーソンはユーズドで探すのもアリなアイテムだと思いますね。探せば状態のいいものも意外とありますよー。

古着で欲しい服をチェック!

セカンドストリート

セカンドストリートは全国750店舗以上の実店舗と、オンラインストアにおいて中古品買取と販売を行う総合リユースショップです。洋服(古着)・バッグ、靴などを中心にハイブランド品まで幅広く取り扱っています。状態の良いものが多いので、掘り出し物があるかもしれませんよ!

サイズ感について

サイズ感について

サイズ選びのポイント

G.H.BASS / ラーソンのサイズ感についでですが、表記通りだとやや小さいかな?と印象です。幅がやや狭め、甲が低めのつくりです。足幅が広め、甲が高めの方はワンサイズアップをお勧め致します。

革の伸びですが、足の形状などによりますが、ハーフサイズアップ以上で購入すると、履いているうちにかかとが抜けてくる気がします。

とはいえ、素足で履くのか、インソールを入れるのか等、条件によって大きく変わると思いますので、試着は必ずしましょう。

使用した感想、評判やスタイリングについて

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

G.H.BASS / ラーソンは、もともとはローガン(ビーフロールがないタイプ)を使っていたのですが、使い勝手がいいのでラーソンも購入しました。スタイリングや気分で使い分けています。

使用してみた感想、評判

G.H.BASS / ラーソンは、購入して6年程度で、使用頻度はローガンよりも多いですね。わりとカジュアルにガシガシ履いているかもしれません。汚れに強く軽いので助かります。

スタイリングについて

G.H.BASS / ラーソンは、特徴的なビーフロールのおかげでカジュアルに見えるので、トラッドスタイルやアイビーはもちろん、リゾルトなどの細身のジーンズやミリタリーパンツなどにもよく似合います。いろいろスタイリングの冒険ができると思いますよ。

トーイ

ソールはレザーソール、ラバーソールから選べます。また、ソールについては全面交換可能です。WEBを見ると結構替えている人も多いですねー。

購入時のチェックポイント

購入時のチェックポイント

G.H.BASS / ラーソンを購入する時には、以下のポイントをチェックするといいと思います。

ここをチェック!

  • やや小さいサイズ感なので要確認
  • 素足で履く方はその点も考慮に入れる

といったところでしょうか。よければ参考にしてみてくださいね。

記事のまとめ

G.H.BASS / ラーソン

G.H.BASS / ラーソンについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • 特徴的なビーフロール
  • 美しい光沢を放つ素材感のレザー
  • 100年近く変わらない伝統的なローファーの製法

ということでしょうか。

G.H.BASS / ラーソンは、アイビースタイルが好きな方はマストアイテムだと思いますが、一足持っているとどのようなシーンにも使えるので本当に便利ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!

トーイ

ラーソンはコンビになっているタイプやスウェード生地のものもあったりと種類も豊富です。好みのものを探してみてくださいね。

-SHOES
-,