FASHION TOPS

チャンピオン / リバースウィーブ パーカー(青タグ)のサイズ感、使用感などレビュー。経年変化と厚い素材感の定番。

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

こんな人におすすめ

  • スウェット パーカーを買いたいけど、何がいいのかわからない
  • 今までいろんなパーカーを試したけどしっくりこない
  • 自分で育てる、特別な相棒のようなパーカーが欲しい
  • パーカーなんて、どれでも同じなんじゃないの?
トーイ

パーカーを語る上で避けては通れない、世界中が認める「チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー」をご紹介します!

こんにちは!管理人のトーイです。

今回ご紹介するスウェット素材のプルオーバー パーカーは、いろいろなブランドから発売されていますが、その中でも「チャンピオン / リバースウィーブ」のスウェットは耐久性や保温性、動きやすさ、着たときのシルエットなど、まさに「キング・オブ・スウェット」と呼ぶにふさわしいものだと思います。

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、「スウェット パーカーを買いたいけど、何がいいのかわからない」「自分で育てる、特別な相棒のようなパーカーが欲しい」という方には、特にオススメできるアイテムです。

それでは、チャンピオン / リバースウィーブ プルオーバー パーカーのあれこれをご紹介していきましょう!

ブランド紹介

チャンピオン

チャンピオン

チャンピオンは、は1919年にサイモン・フェインブルーム氏によって、ニューヨーク州ロチェスターで設立されたブランドです。

もともとはセーターの販売を中心にしていましたが、のちにスウェットシャツの原型となる労働者用の防寒下着を販売、更にチャンピオンの代名詞ともいえるウェットシャツを開発します。

1924年にミシガン大学が運動競技用の服として、高品質で低価格なチャンピオンのスウェットシャツに注目し採用すると、それをキッカケにして爆発的に全米へと広まっていきました。

非常に優れた機能と耐久性を誇る「スウェットシャツ」は、スポーツウェアとしてだけではなく、大学生アスリートやアメリカの若者を中心にカジュアルウェアとしての地位を確立しました。

日本でも、アイビー、アメカジファッションには欠かせないアイテムとして、多くの人たちに愛されています。

トーイ

チャンピオンのカレッジスウェットは、アメリカ青春映画の中で本当によく出てきますよね。憧れたなー。

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーってどんなアイテム?

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

出典:Amazon

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、1938年にチャンピオンが特許を取得した「リバースウィーブ」製法を使用したアイテムです。リバースウィーブ製法は、着込むほどに自身の体型にあった独特の風合い・味が出るという特徴があります。この点が多くのファンやコレクターを生んだ点でもありますね。

シルエットは、アメリカ生まれらしい、ゆとりのある肩幅と身幅に太目のアームになっていて、今風にオーバーサイズで着こなしてもとてもカッコよく決まります。定番のスウェット パーカーで、まさに1着はワードローブに加えたいアイテムです。

また、商品は大きく分けて「Made in USA・赤タグ(USサイズ+12.5オンス)」「US企画版・青タグ(US企画のサイズ+12オンス)」「日本企画版・青タグ(日本企画のサイズ+11.5オンス)」が現在販売されているようです。

ここでは、手に入れやすい「日本企画版・青タグ(日本企画のサイズ+11.5オンス)」の仕様をもとにご紹介していきますね。

おすすめポイントや特徴

綿なのに、縮みにくいスウェット

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

出典:Amazon

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、「綿なのに縮みにくい」という点 が他のスウェットを比べて一番の特徴だと思います。

普通は、綿でできたスウェットは洗濯と乾燥を繰り返すことによって縮みますが、一方、リバースウィーブは普通縦に使われていた素材を横に使うことで縦縮みを抑えることに成功しています。

また、脇にはリブを付けて動きやすさを追求し、袖部分と裾部分のリブが長い仕上がりで、アメリカンでクラシックな佇まいになっています。

ふっくらとしたやわらかさと厚みのある生地

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

出典:Amazon

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、実際の厚みは原産地や作られた年代、モデルにもよって異なりますが、裏起毛で温かみのあるスウェットになっています。

ウールのセーターのようなふっくらとしたやわらかさと暖かさは、他のスウェットにはなかなか見られない大きな特徴の一つです。

着るたびに馴染んで経年変化を楽しめる

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

出典:Amazon

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、縮みにくく、頑丈なつくりになっているので、多少のごわつきのようなものがあるのですが、着込んでいくとどんどん柔らかくなって体に馴染んでいきます。

色合いやヨレもどんどんと自分のスタイルになっていくので、ジーンズを育てるような経年変化を楽しむことができると思います。

トーイ

チャンピオンのスウェットは、どんどん着込んでヨレてきたぐらいがかっこいいです!ばんばん着倒してしまいましょう!

デメリットと感じるポイント

デメリットと感じるポイント

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーのデメリットと感じるポイントですが、いくつか気になる部分を挙げてみると

ここがデメリットと感じる

  • 頑丈なゆえにすこし重量がある
  • 着はじめはすこし動きにくい

といったところでしょうか。どちらも製品の特性上のことなので、大きなデメリットポイントというわけではないですね。

スペックや価格について

スペックや価格について

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー(青タグ・日本企画版)のスペックや価格の情報です(2022年11月15日現在)。

価格 10,000円前後
素材 裏起毛(コットン90% ポリエステル10% リブ部分:コットン100%)
生産国 中国

注:2022年11月15日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は10,000円前後

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー(青タグ・日本企画版)の価格は、10,000円前後で販売されているようです(2022年11月14日現在情報)。

11.5オンスで肉厚でしっかりした作り

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー(青タグ・日本企画版)は、11.5オンスで肉厚でしっかりした作りになっています。アームも太めで、特にフードは着た時にもしっかりと立ち上がってくれるので、だらしない雰囲気にならずに、ばっちりスタイリングが決まります。

サイズ感について

サイズ感について

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー(青タグ・日本企画版)のサイズ情報は以下のようになっています(2022年11月15日現在)。ちなみにUS企画版は、US企画のサイズ感になっていて、ひと回り程度大きいようです。

サイズ 身丈 身幅 肩幅 袖丈
S 60cm 51cm 41cm 60cm
M 63cm 54cm 44cm 62cm
L 66cm 57cm 47cm 63.5cm
XL 69cm 60cm 50cm 65cm

注1:2022年11月15日までに確認したサイズ情報です。情報は変動することがあります。
注2:数値は、個体により誤差があることをご了承ください。

ゆとりのあるクラシックなルックス

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー(青タグ・日本企画版)は、ゆとりのある肩幅と身幅に太目のアームでクラシックなスウェットパーカーのルックスになっています。今風にオーバーサイズで着るにもぴったりだと思います。フードもしっかり立ち上がってくれるので、スタイリングもしやすいです。

参考: 180cm、68kgでLサイズを選択

僕は180cm、68kgくらいの体型なのですが、Lサイズを選んでいます。スウェットの着丈はもう少し短い方が好みなのですが、Mだと少しタイトな感じだったので、Lサイズにしています。

洗濯、お手入れ方法などについて

洗濯、お手入れ方法などについて

自宅の洗濯OK、乾燥機は基本NG

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、通常通りの洗濯方法で問題ありません。乾燥機はできるだけ使わないほうがいいと思います。毛玉や毛羽立ちもあまり出てきません。洗濯するたびに質感が良くなって、体に馴染んでくるスウェットなので、ガシガシ使っていきましょう。

洗濯による縮みは横方向にややあり

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーの仕様であるリバースウィーブは、縦方向への極端な縮みを防止する構造になっていますので、着丈はほとんど縮みませんが、横方向の身幅や袖丈は多少縮みます。個人的にはそれほど気にするものではないと思っています。

使用した感想、評判やスタイリングについて

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、高校生くらいから着ているんじゃないかなと思います。初めは古着で買っていると思います。それまで同じリバースウィーブのスウェットシャツを使っていたので、すぐにしっくりきましたね。

使用してみた感想、評判

もう本当に定番中の定番で、なかなか説明しにくいのですが、着心地や素材感の良さももちろんありますが、やっぱり「長く使えて味が出てくる」というのがいちばんの魅力ですね。逆にいえば、長く使ってこそのアイテムだと思います。

スタイリングについて

カジュアルなスタイリングで、パンツはグラミチやチノパンなどでリラックスした雰囲気にすることが好きですね。ちなみに、僕はフードの紐は取ってしまいます。

トーイ

ちなみに今着ているパーカーの色は「グレー」です。ブラックも欲しいなーと最近思っています。

購入時のチェックポイント

購入時のチェックポイント

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーを購入する時には、以下のポイントをチェックするといいと思います。

ここをチェック!

  • やや重量があるので気にならないかチェック
  • 動きやすさやレイヤードも試してみる

といったところでしょうか。主に試着時のポイントですが、サイズに関してはご自身の好みで全然問題ないと思います。

記事のまとめ

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカー

チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • 綿なのに、縮みにくいスウェット
  • ふっくらとしたやわらかさと厚みのある生地
  • 着るたびに馴染んで経年変化を楽しめる
  • 定番中の定番で安心感がある

ということでしょうか。チャンピオン / リバースウィーブ スウェット パーカーは、スウェット界の王様なので(笑)一枚はワードローブに加えたいアイテムです。新品でなくても、古着で自分の好みのシルエットのものを探す楽しみもあります。いろいろなスタイリングもできる洋服を楽しめる、まさに定番の一着です!

トーイ

リバースウィーブは「洋服を着るのが楽しい!」「長く使っていきたい!」と素直に感じられるアイテムだと思います!

-FASHION, TOPS
-, ,