トリッカーズ / バートンの特徴やサイズ感、使用感などレビュー。丈夫で手入れもしやすい革靴、一生モノのウイングチップ。 – Day+Light / 自分らしいファッションやカルチャーを紹介するライフスタイル・ブログ
FASHION
Everyone has their own lifestyle.
We propose good stuff for your lifestyle.

トリッカーズ / バートンの特徴やサイズ感、使用感などレビュー。丈夫で手入れもしやすい革靴、一生モノのウイングチップ。

更新日 : 2023年12月16日 
※この記事は広告を含んています
トリッカーズ / バートン


TRICKERS / BOURTON
1人の職人の手によって最初から最後まで作られている、武骨さと華麗さが同居する革靴。

こんな人におすすめ

  • 一生使える革靴を探している
  • ハードに使っても大丈夫な革靴が欲しい
  • スタイリングの幅が広がる革靴は?
[st-kaiwa1]

今回は、武骨さと華麗さが同居するウイングチップ「トリッカーズ / バートン」をご紹介します!

[/st-kaiwa1]

こんにちは!管理人のトーイです。

今回は、武骨さと華麗さが同居するウイングチップ「トリッカーズ / バートン」をご紹介します!

特に『一生使える革靴を探している』『ハードに使っても大丈夫な革靴が欲しい』『スタイリングの幅が広がる革靴は?』という方にオススメできるアイテムだと思います。

それでは、トリッカーズ / バートンのあれこれをご紹介していきましょう!ぜひ楽しんで参考にしてみてくださいね!

[st_toc]

ブランド紹介

ブランドについて

TRICKERS

『トリッカーズ』は1829年に創業。靴製造のメッカである英国ノーサンプトン最古のシューメーカー。ロンドンの直営店舗には英国王室のチャールズ皇太子御用達の紋章が掲げられており、現代では多くのブランドとのコラボを積極的に展開し、人気を博しています。

選び抜かれた素材を使用して制作されており、特に皮革には、厳選された上質なカーフスキンを使用しており、長い期間にわたって履き込むことができるのも大きな特徴で、経年変化によるレザー自体のエイジングも味わい深さを漂わせます。

製造における特徴として、『トリッカーズ』のシューズは1人の職人の手によって最初から最後まで作られています。精巧なウイングチップとメダリオンは美しく、高い技術を必要とするグッドイヤーウェルト製法によるダブルソールは耐久性に優れています。

BURTONってどんなアイテム?

トリッカーズ / バートン

出典:Amazon

トリッカーズ / バートンは、カントリーブーツにあたる「モールトン」のルックスを、ほぼそのまま外羽根式の短靴にした革靴です。

今ではウイングチップシューズの代名詞として知られていますが、もともと英国紳士が狩りをする際に履いていたカントリーシューズが元となっています。

そのためバンパー代わりになるように張り出したコバや、装飾と補強を兼ねたウイングチップを備えた、武骨さと華麗さが同居する点が魅力のモデルです。

[st-kaiwa1]

僕は10年以上使っていますが、今だにリペアなどしないで現役で使えています。めちゃくちゃ丈夫です。

[/st-kaiwa1]

おすすめポイントや特徴

無骨さと都会的な雰囲気がいい!

トリッカーズ / バートン

出典:Amazon

トリッカーズ / バートンは、カントリー・コレクションの中で、ウイングチップの短靴のシリーズがバートンで、無骨さと都会的な雰囲気があってどのようなスタイリングでもマッチします。

ソックスで遊ぶもよし、トムブラウンのように素足で履いてもかっこよく決まります。

馴染んでくると嘘のように履きやすい!

トリッカーズ / バートン

出典:Amazon

トリッカーズ / バートンは、履きはじめはとにかく革が硬いのが難点ですが、一度馴染んでしまうと嘘のように履きやすい革靴になるのも魅力です。

僕はソールがコマンドソールのものを選んでいるのですが、すこしくらいの雨の日でもガシガシ履いてしまえるほど、ヘヴィーデューティーな雰囲気がお気に入りです。

[st-kaiwa1]

サイズ選びする時は、幅は伸びますが、長さはほとんど伸びないので、その点も考慮に入れて選ぶようにしましょう。

[/st-kaiwa1]

スペックや価格について

スペックや価格について

トリッカーズ / バートンのスペックや価格の情報です(2023年12月16日現在)。

価格60,000円前後
素材レザー
生産国Made in England

注:2023年12月16日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

価格は60,000円前後

トリッカーズ / バートンの価格は、並行輸入品で60,000円前後で販売されているようです(2023年12月16日現在情報)。並行輸入品は多く販売されているので、賢く買い物をしたいですね。

トリッカーズの代名詞であるウィングチップ

トリッカーズ / バートンは、トリッカーズの代名詞であるウィングチップを使用したブランドを代表する革靴です。

一人の職人が製靴の最初から最後までの工程を受け持ち、最高級の素材、技術を用いて作られているので、品質は折り紙付きですよ。

[st-kaiwa1]

トリッカーズ / バートンはユーズドで探すのもアリなアイテムだと思いますね。探せば状態のいいものも意外とありますよー。

[/st-kaiwa1]

古着で欲しい服をチェック!

セカンドストリート

セカンドストリートは全国750店舗以上の実店舗と、オンラインストアにおいて中古品買取と販売を行う総合リユースショップです。洋服(古着)・バッグ、靴などを中心にハイブランド品まで幅広く取り扱っています。状態の良いものが多いので、掘り出し物があるかもしれませんよ!

サイズ感について

サイズ感について

UKサイズ表記で0.5cm刻みで展開

トリッカーズ / バートンは、UKサイズ表記で0.5cm刻みで展開されています。サイズ感としてはやや大きめで、実際にフィッティングしてみることをオススメします。

参考: 通常27cmでUK8(26.5cm)サイズを選択

僕は、通常27cmくらいの足のサイズなのですが、トリッカーズ / バートンは、UK8(26.5cm)を選んでいます。サイス感は少し遊びがある感じなのですが、僕は中敷を入れて履くことが多いのと甲高なので、このサイズ感にしました。

使用した感想、評判やスタイリングについて

使用した感想、評判やスタイリングについて

購入した経緯や使用歴

トリッカーズ / バートンは、10年以上前に購入してそれ以来ずっと愛用しています。ソールはコマンドソールのものなので、重いのが難点なのですが、とにかく丈夫でガシガシ使っても全然問題ないですね。

使用してみた感想、評判

トリッカーズ / バートンは、トラッドでもカジュアルでもどのようなスタイリングもしやすくて、本当にいいですね。気分的にはスニーカーに近い印象で、日常の靴として愛用しています。

スタイリングについて

僕はわりとくるぶしを出すスタイルで履くことが多いです。今の気分ではビルズカーキなどの太めのボトムズと合わせることが多いですね。トップスはシャツでもカットソーでもどのようなものでもしっくりくると思います。

[st-kaiwa1]

僕はバンドをしているので、わりとロックっぽいスタイルで雰囲気作りすることもありますね。

[/st-kaiwa1]

記事のまとめ

トリッカーズ / バートン

トリッカーズ / バートンについて、サイズ感、特徴、評判などをまとめてみると

ここがポイント!

  • 無骨さと都会的な雰囲気がいい!
  • 馴染んでくると嘘のように履きやすい!
  • サイズ感はやや大きめなので注意

ということでしょうか。

トリッカーズ / バートンは、価格帯は高い革靴になると思うのですが、「一生モノ」といっていい靴だと思います。少なくとも僕は十分に「元は取った!」と思っています(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました!みなさんの洋服選びの参考になればうれしいです。それでは!

[st-kaiwa1]

トリッカーズは有名な「カントリー」もおすすめです。こちらもいつか手に入れたい革靴の一つですねー。

[/st-kaiwa1]